「モノ作り」社会の終焉?

このところ、ある機器を開発しているのだが、驚いたのは、その製品を作るための部分を構成する様々なパーツの「品質の悪さ」だ。

Webカメラ程度のものも本格的に長期で使い始めると、思い通りに動いてくれないだけではなく、Webカメラのための画像撮影のユーティリティも長く使っていると落ちる。それの土台となっているOSもライブラリも、あちこちに問題を抱えている。どれもこれも、安定して動くものがほとんどないのに愕然とした。

さらに、その画像を閲覧するブラウザも、長期で同じ動作をさせていると、動いたり止まったりする。つまり、一見動いているように見えるのだが、長期で同じ動作をさせると止まる、などの耐久テスト的なことはされていないのだ。

現在のIT社会がこういうものに支えられているのだとすると、その先行きがとても心配だ。

もっと、当たり前のものを、当たり前に作って欲しい、と思うのだが、現場の様子もわかる。納期に追われ、テストする時間を削られ、なんとか動かしても、長期のランニングテストなどできるはずもなく、それでも「まぁいいや。動いてるし」なんて言いながら納品して、客先のさらに先あたりでトラブルが発覚。調べると、自分が作ったところではないライブラリがおかしいとか、お手上げ。仕方がないから、そのトラブルのある部分を回避して作り直して、また納品。気がつけば採算割れ。これが現代のITの現場なのだ。

「当たり前のことを当たり前にやろうとしてもできない社会」がやってきたらしい。

おそらく、それが今という時代なのだ。

「モノ作り」というが、そのモノそのものが、多くの他の「モノ」で作られている、なんてのは当たり前にあることだ。自動車なんかを見てみれば、何万という部品でそれができている。ソフトウエアもそうで、現在はOSだけで数百万行なんてのはザラだ。数千円の小さく安価なコンピュータの中にそれだけの「モノ」が入っている。外見からは想像もつかないけれどね。そして、その中の1つに欠陥があれば、全部が動かなくなったりする。

つまり、製品としての「モノ」の品質は、それを構成している部品の「モノ」の品質に依存しているのだが、その元の「モノ」の品質がどんどん低下しているのだ。

特に、ソフトウエアは見えないから厄介だ。これは専門家が中を見ないとその実像は見えない。

やがて、「モノ作り」そのものが崩壊する、そんな予感がないではない。

 


日本は製造業教育には最適

近親者に、大学の工学部に入って、そこで勉強をしている若者がいる。友人、知人に、大学の工学部で教えている人がいる。大学にいるうちは、この「教える側」はおそらく、日本の製造業で最高の環境にいた人たちだから、それなりの教育ができる。教授陣の知識の水準は非常に高く、教える意欲も高い、と、私は感じている。しかし、いっぽうで、教えられる側の学生の立場に立つとどうだろう?教えられる側の学生に高い製造業の技術能力が付いたとして、いま、日本では工学部を出た学生の仕事が豊富であるとは言い難い、という状況がある。

世界の製造業の舞台は、日本から去り、中国やインドを筆頭としたアジア諸国に移っているのが現状だ。であれば、学生たちには、最低でも英語でのコミュニケーションのスキルを一緒に教育し、世界のどこに出ても「稼げる」ようにする必要があるのではないだろうか?英語に加え、できれば中国語のスキルもあるともっと良いとは思うが。

一言で言えば、日本の製造業は既に死んでいる。しかし、まだ生きる道はある、と、私は思う。

それがあたかも昔のように「再興」できるかのような「モノ作り」などという古臭いキーワードで将来のある学生を騙さないようにして欲しい、と、私は思う。

日本の製造業は衰退したが、日本という地域にはおカネはたまった。そして、高度に教育された製造業の人材もいっぱいいる。つまり、高度な製造業の教育と、製造業への投資については、日本は非常に良い環境にある、とも言える。「モノ作り」を教えるのであれば、それはあくまで「投資のため」「海外への教育のため」という目的を持つべきだろう、と私は思っている。日本でモノを作って儲けられない、というのは、日本の製造業が成功したからであって、失敗したからではない。その成功により、人件費が上がり、土地代もあがり、日本という地域ではモノを作る、ということを直接しても、高いものしかできず、売ることができなくなった、というのが真相なのだから。日本人はよくやったし、失敗したわけでもない。全てうまくやったのだ。その結果、製造業が人件費や土地代がもっと安い地域に移って言ったに過ぎない。嘆くことではない。

やり方と、生きるための居場所を変えること。それが、本当に日本人に必要なことなのだ。

「XXができます」という人材を育てるのではなく「XXを作れば売れると思う」という提案ができる人材を育て、「XXに投資しよう」というおカネを用意すること。おそらく、日本に必要なのは、こういった経済原則に沿った、新しい動きなのではないか?

 


「モノ作り」は嫌いだ!

礁渓温泉街

礁渓温泉街

このまえ、石川さんとお話していて、「モノ作り」って言葉は大嫌い!ということで意見が一致した。「モノ作り」なんて言葉をありがたがるのは、日本企業の黄金時代を忘れられずにいる、頭のボケたご老人だけでよろしい。日本の少子高齢化も、日本のGDPの高さも、そういう「製造業の黄金時代」の賜物であることには、全く異論はない。しかし、今の日本の不況は、そういう「黄金時代」があったからこそ、である。なにか日本が不調になっておかしくなったのではなく、「うまくいった」からこそ、今の日本の不況があるのだ。

だから、今、どこぞの役所とかで言っている「モノ作り」のように「かつての日本の栄光をもう一度」的な内容では、日本の再興なんてのはできるわけもない。これまでと同じやり方でやろうとしていること、過去のやり方や過去の考え方でやろうとしていることが大きな間違いだ。成功者の語ることに耳を傾けるのは、愚の骨頂だ。その人たちとは違うやり方や考え方が必要な時代に、急速に変わってきているからだ。

人間と同じように、国も歳を取る。日本という地域も、がむしゃらになにかしていればいい、という若く元気な時代を終わって、そろそろ老後を考える時代に入った。栄枯盛衰は世の常、20歳代の頃と同じものの考え方で、50歳代を生きられることは人間だってありえない。若いころは輝いていたから、その頃と同じやり方でまたうまくいく、ということはまずありえない。年齢を経れば自分自身の体や、ためた知識や知見もあって考え方も変わるだろうし、周辺の環境も時代とともに変わっていく。その時代、そのときには、そのときの自分に合った生き方や、考え方を用意する必要があるのは、言うまでもない。

「日本は衰退した」と言うが、過去の栄光ばかりを繰り返す老人のなんと醜いことか。自分が老いたことを自覚しない「若作り」は、傍で見ていてバカバカしさしか見えない。それは若い頃の輝いていた時代を忘れられない道化でしかない。

日本はこんなアジアの端っこで、人口なんて1億2千万くらいしかいなくて、それでも「経済大国」と言われるようになった。上り坂が終われば、下り坂だ。しかし、楽しく有意義に下っていく下り坂を、日本人は頭を使って見つけることをしなかったがために、見失ってしまったようだ。なぜこんな「辺境の小国」が成功を収められたのか?ということについて、さらにまともな研究が必要だし、そこから学べることは学べば良いのであって、学ぶ必要の無いことはなんなのか、ということは知っておいたほうがいい。

かなり前、2000年に入った頃、ぼくは「製造」「モノ作り」というものがかなり虚しいものに見えたことがあって、2005年くらいには、「開発」という仕事そのものにあまり魅力を感じなくなっていた。がむしゃらにものを作る、というのはすごく幸せな体験だ。それはぼくにももちろんあったが、それは「今、作っているものが世の中にこういう影響を与える」ということが確信できたからに他ならない。しかし、その「確信」がいつのまにか萎みはじめた。時代の風向きの変化がぼくにはわかった。次にしなければならないのは「目の前のものを作ること」ではなく、「目の前に無いものを、なにを作ったら良いか、ということに結論を出すこと」だ、と言うことだ。テーマそのものの大幅な変更が必要だった。ぼくも成長したし、時代も変わった。そう感じたから、自分のやるべきことを「変更」した。しかし、多くのぼくの周辺にいる人には、ほとんどそれがわからなかったようだ。

「日本を取り戻す」ことは、できない。無理にそれをしようと思えば、大きな代償を違うところで払わなければならない。

結論は、要するにこういうことだ。

「バカは死ななきゃ治らない」