今年のモバイルデバイスを振り返る

MyPriori2

今年、あくまで個人的にだが、買ったり使ったりしたモバイルデバイスを振り返ってみた。

基本的に、ぼくはITだモバイルだといっても、あまり個人的に大きなお金はかけられない。懐事情もあるが、不況の続く日本では、これって世間一般にそうなっている感じがする、ということもある。だいたい、基本的に2万円を超えるものは買っていない。印象に残るものからあげてみる。

Freetelのpriori2(1万円~2万円):
今年、モバイルデバイス最初の驚きは、freetelのこのスマートフォン。現在はpriori2、priori2/LTEの2つを使っている。この記事を書いている時点では既にpriori3が登場して売られている。画面はいまどき854×480の精細度だし、画面は4.5インチ。メインメモリ(RAM)はこれもいまどき1GB。Wi-Fiも2.4GHz帯のみだが、CPUはQuadCore、電池容量は1700mAhなのに消費電力が低いために電池の持ちも悪くなく、高精細でゲームをガンガンやる、とか、電子書籍をこれでたくさん読む、というのでなければ、スマートフォンとしては必要十分、というスペックだと、私は思う。加えて、価格は3Gタイプで1万円ちょうどくらい。LTEは2万円に足りないくらい。ぼくの不満は、050plusのIP電話を使ったとき、送話の音声レベルが極端に低いこと(3Gのみのトラブル)。安価で女性の手のひらに乗せてもOKという小ささは今でもアドバンテージがある。加えて、電池交換が自分でできる、というのも、自分的には点数が高い。なにもかも最高のスペック、というわけではないし、そういう褒め方はこの機種に関しては当たらないだろう。しかし、3G/Android5.0のほうはまだ不具合が多く、別に買ったfreetelのSIMではインターネットに接続できない、ということがあった。OCNモバイルONEのSIMではちゃんと接続ができた。また、SIMは二枚差しができるが、LTEタイプのほうは2枚目のSIMはGSMのみで日本国内では使えない。

ASUSのChromebook(1万円台~2万円台):
ASUSでなくても良いのだが、Googleのパブリッククラウドをフルに使った新しいタイプのPC、「Chromebook」。まずその特徴は、オフィスからなにからすべてGoogleのクラウドで動かす、ということと、価格がなんと1万円台くらいからある、ということだ。既に米国ではMacBookより売れ行きが良い、という話も伝わっている。Microsoft Windowsも次期バージョンは同じように、クラウドをフルに使ったものになるとのことだが、とにかく安価で、一通りのことをするのに不便がない、というのは素晴らしい。加えて、ウィルスなどが入り込む余地がなく、端末盗難時などのセキュリティも堅固。なぜ安価なのかというと、HDDの代わりに16GB程度のフラッシュメモリになっているため、構造的に簡単であることがあるだろう。だから、電池も10時間は十分に持つ。

HUAWEI p8lite(2万5千円):
自分で今年買ったスマートフォンではおそらくいちばん高い。といっても、こんなものだ。画面は1280×720でFull-HDではないが、まぁ、その雰囲気は出ている。LCDの大きさは5インチ、OctaCoreのCPUに2GBのRAM,LTE対応。Wi-Fiは2.4GHzのみ。このスペックにしてこの価格。押さえるところはしっかり押さえて、削るところはしっかり削る。スマートフォン全体から見ると安価ではあるのだが、高級機種の雰囲気もある。電池は交換できないのが、自分としては点数が低い。

●世界的不況の時期のモバイルデバイス
とにかく、世界的な不況に入って入る時期のようで、モバイルデバイスも進化している、という感じはあまりなく、景気も良くないので、消費者のサイフの紐もかたい。こういう時期のモバイルデバイスのあり方はひとえに価格だ。業界がこれから大きくなるかというと、どこも縮小中だし、高いものはもともと売れないし。日本の家電量販店を見ていると、世界的に売れているChromebookはほんの数台しか売っていない。PCの価格で安いものは売りたくない、というところが見える。日本のPCブランドもChromebookはほとんどやっていない。売る側の心理としては、こういう安いものが売れるようになるのは売上が落ちるからやめてくれ、ということもあるんだろうが、それでもWindowsはChromebookのようになることを目指し始めた。このPC価格の高止まりが崩れるのは時間の問題だろう。今は必死で抵抗中だ。であれば、最初にその流れに乗ったほうが勝つだろう。時代は「低価格」。そういうところまで来ている。


今年はChromebookの年になる?

現在のところ日本ではあまり騒がれないが、GoogleのChromeBookは間違いなく今年のエポックになるだろう。すでに米国ではChromeBookがノート型のMacの売れ行きを大幅に上回り、Windows7/8/8.1搭載のPCの牙城をも崩しにかかっている。Chromebookの価格はだいたい2万円台~3万円台のものが多い。余計なものを省いたぶん、非常に安価だ。

Chromebookは売れているだけではなく、盛んに活用されている、という記事もあった。

日本では官民あげたWindowsXPのサポート終了のアナウンスで「新しいPCに買い替えましょう」というキャンペーンが大々的に張られている。それ以外の選択肢はまるで無いような宣伝だ。しかし、そんなことはありえない。「第2、第3の選択」がどんどん世界を席巻し始めている。

家電量販店に行くまでもなく、Amazonなどの価格を見ても、半年前に比べてノートPCの値段はほぼ1.5倍になっている。「XPはだめですよ」という業界あげての脅迫が続いている。結果として、家電量販店に並ぶPCのほとんどは10万円前後以上の高価で高スペックのものか、CPUのグレードを数段落としたCeleronの数万円の機種などが増えている。数万円台の機種なら、かつてはCore-i3、i5が主流だったが、今は同じものが10万円近い(あるいはそれを超える)価格になっている。私が半年前に買ったCore-i5の機種は4万円を切っていたが、同じ機種が今は6万円弱だ。中古でも半年前の価格より高い。

ところが、一方で、PCの主要部品のCPUやメモリ、HDDなどの価格は昨年とそんなに変わらない。日本の消費者は「騙された高価格PC」を買わされている可能性が高い、と見えなくもない。メモリの価格は倍になっているが、それがPCの価格全体に影響を及ぼしているとは考えにくい。

そうは言うものの、多くのユーザはそれでも、これからもWindowsXPを使い続けるだろうし、この流れはメーカーやMicrosoftにも変えられないだろう。経済的に大量のPCの買い替えを突然行える会社も個人も限られる。加えてスマートフォンやタブレットは安価になり高性能化しており、Webとメール、Office程度でも十分に使えるスペックになりつつある。多少PCがこの時期に売れたとしても、その後が続かないことは火を見るよりも明らかだ。

その狭間に突然現れたのが、低価格の「Google Chromebook」だ。もともと、Googleは世界の人にあまねくITを行き渡らせることを目標としているから、タブレットやスマートフォンのNexusシリーズも非常に安価な価格を設定して世に登場した。ChromebookとGoogleAppsなどのGoogleのクラウドツールでOfficeの役目も一応果たすし、大学生がレポートを書く、という程度のものであれば、まず問題なく使える。しかも、価格がWindowsのPCよりもはるかに安い。また、それでいてチープ感も少なく、デザインも簡素だがスマートで、抵抗なく使える。

問題はクラウドツールを使うために常にオンラインでいなければならないことだが、これは早晩解決される問題であるうえ、オフラインでの使用も考慮されている。

安価なキーボードつきのPCで、Office環境のすべてを含む機能が使え、それはクラウドで実現される。このChromebookはおそらく、今年のエポックになる可能性が高い。

加えて、ChromeBookはクラウドで動かすことが前提なので、アプリケーションソフトウエアのアップデートもあまり気にする必要がなく、Windowsでは苦労した会社内でのソフトウエアのバージョン管理なども簡単に行える。しかも最近の社内システムはほとんどブラウザ上で動くクラウドのシステムになりつつあるので、ブラウザさえまともな物が動いていれば、あとはなんとでもなる、という環境が揃ってきたことも、Chrome Bookの普及を後押しするだろう。しかも、なんといってもこの価格。これが一番インパクトが大きいのは言うまでもない。既に、HP、acerといった大所がChrome Bookを発売しており、米国でのシェアはAppleのMac Bookを追い越いている。

以下、Amazonからのアフィリの貼付けで申し訳ないが、日本で買える安価なChromeBookを少々紹介する。この時点では、まだ並行輸入品も多く日本では安価、とは言えるような言えないような、微妙な価格だが、今年、日本でもこれは流行るのではないか、と、個人的に思っている。