仕事のメインのコミュニケーションで電話を使う会社は潰れる

このところ、様々な方々とお話をするとき、連絡には電話、ってのはかなり少なくなった。理由は簡単だ。みんな忙しくなってきたから、電話ではコミュニケーションが取れないことが多くなってきて、仕事に支障をきたすのだ。要するに電話が届かない。仕方がないの出かけ直す。その時間がもったいない。

だから、仕事などでのコミュニケーション手段が電話の時代で止まっている人はとても厄介だ。日本では高齢者にはこういう人はとても多い。私も、今はメールや、国を超える場合はFacebookメッセンジャーを主に使っている。電話はそれを受ける人の時間をア・プリオリに奪うので効率が悪い、ということに思いが至らない中高年が多すぎる。今のように世の中全体がそんなに忙しくなかった時代であればそれでも良かったのかもしれないが、電話が取れない状況も多いのが現代という時代だ。相手のことを考えるのであれば、わずかな仕事内のお互いの空いた時間にしっかりとコミュニケーションを取ることができる、メールとかメッセンジャーがいいとぼくは思うんだな。みんなそんなにヒマじゃないんだよ。

電話でのコミュニケーションがいい、というのは、プレイヤー全員が同時に舞台の上にいる必要がある、という牧歌的でスローで豊かだった時代の非効率でも仕事がなんとかなった時代の残渣であろう。今は一人一人が有機的にジグソーパズルのように余裕がなく組み合わさったスケージュールをこなして仕事を構成していかないと、とてもじゃないが食えない時代だ。これを肌で感じている現代のビジネスマンはコミュニケーションでは電話を遠慮する。忙しい相手のことを考えるからだ。

人間的に濃密な関係が仕事を作るというのが真実であるにしても、それは完全には達成できないのも事実だ。であれば、前なら電話を使う場面でこそ、まともに電話をすることは減っていく。電話でないとダメという人は要するに現代のビジネスの現場からはじき出されているのだ

現代の忙しいビジネスマンには電話はつながらない。電話がつながるのは仕事がなくてヒマだからだ

今はそういう時代になったのだね。

 


炎上評論・ネタばらし:「はぁ?ファーストネームで呼び合うのが当たり前の会社ってあるよね」

台湾から帰ってきたら、早速「東洋経済」のこの記事が目に止まった。あきらかに「炎上物件」の匂いがする。火がくすぶっていて、狼煙のような煙が、風のない空気の中、まっすぐに上に向けて上がっている。このやろう、北からのミサイルはこれをめがけてきていたのか!売国奴め!ということはないとは思うので、田園調布の広い庭付きの家で焚き火をしているおじいさんに八つ当たりするのはやめたほうがいい。勘違いという場合もある。しかし、今回の記事だが、そこに筆者の「松下幸之助側近」という「肩書」が、さらに炎上しそうなくすぶっている焚き火にガソリンの一杯入ったポリタンクを添えているように見える。なお、ポリタンクにガソリンを入れてクルマのトランクに積んで移動するのは違法であるが、同じくらいの危険性の電池を大量に自動車に積んでも日本の法律では適法である。日本の法律はやはり素晴らしい。自動車でもなんでも「電池駆動」がいいのはそのためではないが。

閑話復題。この記事(連載)を世に出す編集者も当然ながらアクセス上昇狙いなのであろう、と私は思うが、よくぞここまで炎上上等の老人を探してきて書かせた、という編集者の並々ならぬ努力と忍耐に敬意を表する。この筆者選びの目利きもたいしたものだ。おそらく「この人は」と定めて口説き落とすまでには、聞きたくもない自慢話を延々と午前2時まで新宿歌舞伎町あたりの居酒屋で作り笑顔のまま聞かされるなど、通常の人間ではできない忍耐の連続であったであろう、と想像すると、胸ふたがれる思いである。まさに、日本のネット記事編集者魂の面目躍如と言う感じが、私はしている。記事そのものは、今の若い方から見ると「なんだこいつ。ただの老害じゃねぇか」と一刀両断で終わる「老人の放言・ヨタ記事」と言われるようなことも多いだろうが、また「実際そうじゃねぇか」と言われるような感じがないでもないが、そういう方にこういう記事を記名で書かせている。「炎上」をバネにアクセス数は確実に上がるであろう。「松下幸之助側近」という燃料添加物も上等で、非常に良く燃えそうである。

私が説明するまでもないが、外資系はみな社員も社長も役職も肩書でお互いを呼ばない。みなファーストネームとかニックネームだから「ひろちゃん、A社の件、どうなった?」てなもので、日本の25年以上前の企業とは完全に文化が違う。そういう外資が日本の会社の資本の多くの部分を持ちつつあるし、この流れは経済原理から言って止めることはできないだろう。

また、純粋な日本企業でも、数十年、衰退もせずに成長している「さん」付け企業は山ほどある。このおじさんの時代とは、明らかに日本人のメンタリティや企業文化が変わったのだ。おそらくかなりの額の退職金を手にして退職したであろうと推察されるこの筆者の方は、その師匠と仰いだ松下幸之助氏とともに既に日本の企業社会では「過去の人」である。日本の若者は少子高齢化で従来以上に激しく働いて稼がねばならず、過去の老人の戯言を聞いている暇はない。

この環境下にあることをしっかり認識すれば、明らかな「時代錯誤」の記事としてこの記事は読まれることが多いだろう。であれば、編集者がアクセスを上げる武器としてはこの筆者の肩書と記事は最高のアクセス増のための燃料である。よく「犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛むとニュースになる」と言われている。記事の内容ではなく、この記事自身が「人が犬を噛む」ニュースになっている。しかも、そのニュースを「連載」する、という。いっときの炎上ではなく、それを継続して東京全部を焼き尽くせとばかりの大火にまで持っていこう、というのであるから、これがたいしたものでないわけがない。大ヒット間違いなし、と私は勝手に思っている。

薪は切り出した後、しっかりと放置して乾燥させないとなかなか火がつかない。今回は良く燃えるであろう、と、私は思っている。オダジマさんは東洋経済には決して弓を引けない立場にあるらしいので、代わりに言ってみました、とか。

 


Webサイトのリニューアルや会社のネットワークのリニューアルにはセキュリティに気をつけて

このところ、ニュースだけではなく、私の周辺のあちこちで、インターネットからの侵入者を防ぎ切れず、会社で扱っているお客様のメールアドレスや社員のメールアドレスが流出したらしい、とか、そういう話を聴くことが非常に増えた。実際、私の運営しているサイトでネット経由で来る外部からの「攻撃」や「攻撃の予備行動」とみられるアクセスはこの半年で急激に増えてきた。

攻撃はどこから来るかというと、日本国外がとても多く、いろいろな国からまんべんなく来ているように見える。

ぼくの仕事の大きな部分も、このセキュリティに関わるもののご相談が増えつつある。日本では経済産業省も、新しい法律を作り、これに国のレベルで対抗をすることを考え始めている。

自分の本職といえばそうなのだが、怖い世の中になってきたものだ、というのが実感だ。