モバイル充電器は何を選べばいいか。

【モバイル充電器はどれがいいか?】
家電量販店にも、秋葉原にも、最近は電池を内蔵した「モバイル充電器(モバイルバッテリー)」をたくさん売っている。あまりに種類があるので、どれを買ったらいいか迷う。秋葉原では、かなり大容量のものでも、なんと千円くらいで手に入るものもある。

一方で、電池を使ったこういう製品はスマホなどの報道でもよく見るが「爆発した」などの事故のニュースもよく聞くようになった。こういうニュースを見ると、「ほしいけど怖い。なにを選んだらいいかわからない」ということが多いだろう。

モバイル充電器は、タブレットを充電したり、スマートフォンを充電したりするものがほとんどだが、中にはノートPCを充電するものもある。しかし、多く使うのはスマートフォンかタブレット用と思うので、今回は対象をスマホとタブレットのみにする。

【USB出力は2個以上がいい】
モバイル充電器を選ぶとき、まず気にしなければならないのは、「USB出力個数」である。1個であれば、1個しか同時に充電できないが、2つあれば、スマホとタブレット二台持ち、なんてときに重宝する。私の場合は、スマホとPC、そして、PCにつなげる「Wi-Fiルーター」を普段持っているので、「スマホ用」と「Wi-Fiルーター用」の2個のUSB出力を持っているものを使っている。モバイル充電器は、USBの出力を1個、2個、3個持っているものがあるので、自分の使い方に応じて、選ぶと良い。が、なにか違ったシチュエーション(友人などのスマホも一緒に充電する、など突発的なこと)も考えれば、「USBの出力は2個以上」のものを選んでおくと良いだろう。

【容量はどのくらいがいいか?】
次に見るところはモバイル充電器の容量である。現時点では、小さめのもので4000mAh前後(あるいはそれ以下)、大きなもので10000mAhくらい、そしてほんの僅かだが20000mAhを超えるものもある。一般的に言って、10000mAh前後のものを選ぶと、たとえば、iPhoneSEなどの小さいものだと3回くらい充電できる。タブレットだと、おそらく1回充電できるくらいだろう。当然だが、容量が大きいものは大きいほどいいとは思うが、充電時間もかかるし、なによりも容量が大きいと「重い」。1000mAhのもので、だいたい400gくらいはする。かといって、小さな200g未満のものでは、容量は3000mAhなど小さくて、スマホを1回充電して終わり、ということになる。もっとも、最近のスマホやタブレットは少電力化が進んでおり、使い方にもよるが、ふつうの使い方ではだいたい1日は電池が持つように設計されているから、モバイル充電器はそんなに容量がなくてもいいのかも知れない。あと、通勤帰りにいつもスマホの電池が切れてしまうから、家に帰るまでの1時間持てばいい、というのであれば、3000mAh程度の容量のものでもいいだろうし、いつも外回りの仕事でなかなか充電する機会がない、ということであれば、10000mAh以上のものを選んでおくなど、自分の使い方によって、このあたりは決めると良い。通常は10000mAh前後のものを買っておけば満足することだろう。

【充電にかかる時間も考えよう】
ということで、自分の使い方にあったモバイル充電器を購入するとき、もう1つ気になるのは、充電にかかる時間だ。これは店員さんなどに聞いてみよう。寝ているあいだにフルに充電してほしい、とふつうは考えるだろうが、睡眠時間が4時間という人もいれば、10時間寝る人もいる。であれば、自分の睡眠時間内で充電できるものでないと、使えないよ、ってこともあるだろう。当然だが、容量が大きいものは充電時間が長く、小さなものは充電時間が短い。こういうことはあまり表に出ていないことも多いので、事前にメーカーのサイトなどでスペックを調べてから買いに行くのが良いだろう。

【爆発しないのか?】
結論から言うと、爆発は余り心配しなくていい。モバイル充電器の爆発があるとニュースになったりするが、非常に稀だ。爆発などの事故は、むしろ使い方が悪いときに起こりやすい。モバイル充電器の中身は「充電式電池」である。これは本質的にスマホの中に入っている電池と同じものだ。だから、毎日充放電していると、寿命はだいたい2年くらい。2年で買い替えすべきで、それでも使っていると、爆発もしやすくなる。また、極端に暑いところ、例えば35度以上になるところや、極端に寒いところ、だいたいマイナス5度以下のところでは使わないほうがいい。iPhoneだって、全ての機種の動作保証は35度である。あと、コンクリートなどの床に落とすなども、危ないことが多い。電池そのものは大丈夫でも、付属の充電・放電をする電気回路が壊れたりする。それが壊れると、爆発の危険性が増す。当然だが、水濡れははっきり「厳禁」であることは言うまでもない。風呂の水に落としたり、池に落とすと、完全に万事休すで、通常は電池がダメになるので、もしも池に落としたとか海水に漬けてしまった場合は、すぐに捨てて、新しい物を買うことだ。

ということで、モバイル充電器は基本的に日本で売っているものであれば、ほとんど、どのメーカーのものでも問題はない。しかし、使い方を誤ると、火事になったりするので、充分に気をつけよう。また、買ってから毎日使うと、だいたい寿命は2年が限度だ。2年たつと、一生懸命充電しても満充電にならず、充電するときの電力の総容量が減る。これはスマートフォンなどに付属や内蔵の電池と同じだ。だから、買い替えは必ず2年前後で起きる。どうせ買い換えるのであれば、安いものを買おう。