Android使いのぼくが1か月間「iPhone7 plus(黒)」を使ってみたあくまで個人的な感想

P1150586ぼくはAppleのパブ記事書いてお金もらってるわけじゃなくて、かつiPhone7 plusが最初のiPhoneだったから、特に感慨もない。値段が高すぎる、というのは個人的にはあったねぇ。ぼくはお金持ちじゃないからさ。今はiPhone含めてSIMフリーの端末3台と使いまわしているんだが、機能から言うと、Androidのほうが良い感じがする。原因不明のリブートも、iPhoneよりもAndroidのほうが少ない気がする。あくまで「気がする」というぼくの個人的感想なので、その程度の話である、とわかって読んでもらえるとありがたいんだが。

iPhoneに比べてAndroidの決定的に良いところは、端末の値段が安いものがいっぱいあって、SIMフリーでも、2万円も出せばまともなものが手に入る、ってことだね。iPhoneはAppleがすべて価格も統制しているから、なかなか安くならない。中古は別として。これからの世界は世界的不況の時期に入るから、先進国でも「安い価格」は大きな武器になっていくだろうね。

僕の場合を言えば、だが、iPhoneにしなきゃ楽だったのに、ということがっけっこう多かったことになるが、その「楽」の元は要するにこれまでAndroidを沢山使ってきたから慣れている、と言うに過ぎない。慣れの問題とか同じクラウドのリソースを使うからなんだね。こういう問題であるからして、もしもぼくがこれまでAppleものを使っていたら、iPhone7 plusは素晴らしい、と言うだろうしね。人間なんてそんなものですよ。

まぁ、防水も指紋認証も、ちょっと古くはおさいふケータイも、富士通はじめ日本のAndroidのものがAppleより早かったわけでね。それでぼくはAndroid使いになった、ってわけじゃないんだけれども。しかし、バカ高いiPhone7 plusからSIMを取り出して、AndroidのSIMフリー端末に入れて使うことがやっぱり多くなってきたよ。ぼくの場合はね。

あ、ついでに言うと、ぼくはSuicaのカードは使うけれども、iPhone7 plusにSuicaアプリ入れて使うことはないんですよ。お金がないから、クレジットカード引き落としなんて怖くてできないから、リアルな現金をその都度入れるのね。だから、駅の乗車券発売機とかチャージ機を使うので、入金するときに、カードでないとできないものが多いからね。これはぼくのプリペイドカード管理上の問題なんだな。かっこ良く言えば、ね。

それに、ぼくはiPhoneだけ使ってるわけじゃなくて、2013年以来、SIMフリーの機種をいっぱい使っていて、SIMも何種類も持っている。数種類の業者のSIMを毎日、あっちの端末に入れたりこちの端末に入れたりして変更しょっちゅうで使っているから、本体にプリペイドカード情報を載せられると不便なんですよ。だから、iPhoneが悪いわけじゃないんですけどね。これはぼくだけの問題なんだな。

こういうことははLINEにも言えて、SIMカードや端末の入れ替えで余計な操作が発生するのは、基本的にやめてほしいな、と思うわけですよ。FacebookとかGoogleアカウントを使うものは、端末の制限ないわけでね。これがいいよ。数台の端を毎日とっかえひっかえ使っているからね。

ということで、ぼくがiPhone7 plusを一ヶ月使って自分なりの結論を言えば、「やっぱAndroidにしときゃよかった」です。これはぼくの特殊事情があるから、Appleが悪い、ってわけじゃないですけど。

で、アドバイスとしては、iPhoneをいままで使っていた人は慣れの問題もあるしクラウドリソースの問題もあるから、次もiPhoneにしておいたほうがいいよ、ってことだね。逆に、これまでAndroidを使っていた人は、全く同じ理由で、次に買うのもAndroidにしておいたほうがいい、ってことですね。

 


久々にキャリアのスマホを使ってみたが

p1140865久々に、日本の「3大キャリア」の1つに契約してみた。ここしばらくは海外での仕事も多く、2013年にキャリアの回線は解約し、MVNOのみでこの3年やっていたのだが、仕事の必要があってどうしても3大キャリアの1つの契約をしなければならなくなったのだ。しかし、やってみて驚いた。明らかに、3年前に比べて、複雑怪奇な迷路のような状況になっている。

p1140824とにかく、あれこれと設定するのに、3ペアのIDとパスワードを新規に作ったり、それがまたどこで使われるのか、全く追いつかない。スマートフォンが使えるようになるまで、半日以上の時間を使ってしまった。さらに、キャリアにおまけでついてくるWi-Fiの公衆無線LAN用のSSIDはなんと3個もある。当然、それぞれに使い方が違う。どれにどうやってつなげて良いものやら。初心者は迷うだろう。東京の都市部ではあちこちに無線LANの電波が飛び交い、この1つの端末で使える無料無線LANは数個は必ずある。どれを使ったらいいのか?

毎月のデータ通信料金は安くなったし、Wi-Fi接続についてもよく見れば行き届いているとは言えるのだが、とにかく複雑で、まともに使えるようになるまでに、かなりの時間を要する。分割払いでも金利がつかないなど、数々の特典があるにはある。スマホ本体ともに、タブレットは毎月500円加えれば契約できるという。これも契約したのだが、そうなると、違う電話番号の回線が2つ。それぞれにまた同じようなあれこれを設定する必要がある。アプリもよく使うものをダウンロードしようとしても、それに近い名前の違うものばかりが検索でヒットして、本当に使いたいアプリがなかなか見つからない。さらに混迷を深めている。

キャリア業者の様々なサービスが手厚い。値段も競争原理が働いて安い。毎月の通信料金はそりゃMVNOより高いですよ。数倍はする。しかし、サービスは多くて、それは歓迎すべきことだとは思うのだが、これらがごっちゃになって、このサービスではどのIDを使うのか?とか、そういうことに全く統一性が見えない。いや、統一性はあるのだが、それが複雑で理解に時間がかかる。高齢者はおそらくなにもわからないだろう。

さらに、今回は家電量販店の店員さんが「この電話番号になります」と言って渡してくれた電話番号と、実際の契約書に書いてある電話番号が違っていたので、あれこれとやり取りをするはめになった。店員さんもシステムの複雑さと、その内容がコロコロ変わるこの状況で、よくやっているとは思うのだが、この複雑さではミスも当然増えるのは当たり前だ。

加えて、カードだなんだと課金情報を課金もしないのに、書き込まないと動かないサービスもある。間違えた課金が生じた場合はどうなるのか?心もとない。財布に現金なんて入れるスペースも無いくらいポイントカードとかが増える。これ、なんとかなりませんかね?とか思う。管理不可能なくらい複雑になったシステム。そのシステムの中で、なにがなんだかわからないうちに、お金を取られている。現代の「伏魔殿」(なんでかな漢字変換で「ふしまでん」が出てこないんだ!)は、すぐそこにあった。

ぼくらはしらないうちに食い物にされている。「注文の多い料理店」に迷い込むのに、わざわざ森に行くことはない。目の前の街のスマートフォンのショップに行けばいい。

 


TJC StarQ Q5002を使ってみた

Q5002 正面全景

正面から見るとこんな感じ。十分に画面は綺麗。

TJCのSrtarQ Q5002を秋葉原で見つけた。正月特価とかで、12016円(税抜き – ちなみに昨日秋葉原に行ったら、税込みで\13,800-)。基本的にぼくはスマートフォンは高いものを買わない。なぜかというと、かなり使うほうなので、落としたりすることもあって、落としても惜しくないもの、というのが、まず大事だからだ。実際、世界のスマートフォン事情を見ると、インドでは5千円台のものからあったりして、最多価格帯は日本円で1万円~2万円前後、というのが普通だ。この価格帯のスマートフォンは世界の情勢を肌で感じるのにも良い価格帯だ。Q5002はSIMフリー端末の標準機的な存在ではないかな?と思う。スペックはQuadCoreにRAMが1GB/ROMが16GB。外部ストレージのmicroSDは64GBまで対応。画面は5インチでFull HDではないが、1280×720。安価な端末としては標準的スペックだが、一方でSIMが2枚挿せる(1つはGSM専用)とか、電池が自分で工具なしで交換できるとか、小さなところだけどストラップホールがあるとかは気に入っている。加えて、docomo系のMVNOのSIMでは、docomoのWCDMA/HSPA+ (800、2100)MHz、LTE (800、1500、1800、2100)MHzが使えるなど、広範囲の電波に対応している。田舎でdocomoは大丈夫、なんてところでも電波が届く。ちなみにGSMはGSM/GPRS (850、900、1800、1900)MHzに対応しているから、ほとんどの外国で使える。最近の機種はRAMが2GB以上のものが増えてきているが、3Dゲームをガンガンやるとか、常駐アプリを無駄に多く入れてるとか、そういうことでなければ1GBでも全く問題はない。ぼくのように、Facebook、LINE、カメラ、twitter程度でときどき動画、みたいな使い方であれば、全く問題ない、と言っていい。

背面

背面はプラスチック。写真上部に見えるのが電源スイッチ。手前の側面には音量上下ボタンがある。

外装は画面以外は背面もプラスチックで安っぽさはしょうがないが、アルミに比べると落としたときのダメージは少ない。ぼくはスマートフォンには「高級感」は求めないし、この価格だし、と思う。ぼくは「ステータスを持ち歩く」というのは好きではないから、腕時計もしないからね。側面は至ってシンプルで、音量上下、電源、イヤホンジャック、microUSB、マイク穴、そしてストラップホール。背面にはカメラレンズ、フラッシュライト、スピーカーの穴。前面には電話スピーカー、明るさセンサー、フロントカメラ、通知LED、もちろん、タッチパネルディスプレイ。標準的なものが標準的についていて、過不足なし、という感じだ。

中を開けたところ背面

背面の蓋を開けると二段重ねのSIMカードスロットとmicroSDスロット、そして電池。

背面のプラスチックの蓋を開けると、2600mAhのちょっと大きめの電池が出現。その隣には、二段重ねになった2つのSIMスロット。その隣には、microSDカードスロット。この電池で普通の自分の使い方であればほぼ1日は持つ。まぁ、このあたりは人によるわけだけどね。で、電池が交換式で工具なしで自分で抜き差しできる。替えの電池は3千円くらいで純正品を売っている。フレキシブル基板で作ったアンテナも、内部に見える。

上部側面

上部の側面にはmicroUSBとイヤホンジャック。内部にはWi-Fiのアンテナなどがある。

まぁ、こんなもんかな?感もあるが、必要なスペックは十分以上。実はオクタコア+Android5.0のスマホも使っているが、「CPU-Z」アプリで見ると、なんと後半の4つのコアが使われていない。だから、現時点では、QuadCoreでも十分、という感じがする。オーディオの音はいまいち、という評価がネットではあるが、ぼくはBluetoothのノイズキャンセリングイヤホンを普段使っているから、全く問題はない。

使っていてなるほどな、と思ったのは、背面の蓋がプラスチックだと、熱くならないのが良いところ。その分、内部に熱はこもるものの、最近のスマホは熱くなるようなものはまずないから、安心だ。

ネットではこういう「格安」「SIMフリー」の、あまり有名ではないメーカーのものはほとんど情報がなく、自分で買ってきてあれこれと調べて見るしかない。しかし、実際に使ってみると、Xperiaのような派手さとか、ラグジュアリーさ、なんてのとは違う、ちょっと野暮ったいというか質実剛健系の外観は、これはこれでアリだよな、と思う。音楽や映画、写真などをバンバン詰め込む、ということがなければ、外部のmicroSDカードも必要無い感じだ。とは言うものの、秋葉原でいまどき、microSDカードは64GBで2千円くらい。32GBで千円しないから、ちょっと良い昼飯を食べたつもりで、32GBのmicroSDを入れておくのもいいかもしれない。

また、使い勝手もまず普通。すごく速い、ってことはないが、のそのそした雰囲気は全くなく、キビキビと動いてくれる。しばらく使ってみてわかるのだが、プラスチックの裏蓋などの外装も、そんなに安っぽい雰囲気がない。デザインもけっこういい感じだ。ガンガンに3Dのゲームをしないという人にはお勧め。

 


Raspberry Pi 2を使ってみた

RaspberryPi2

ということで、巷で話題のRaspberry Pi 2を秋葉原で買ってきて、使ってみた。microSDのメモリカードにUbuntu-Linuxを入れると、それなりに使える環境ができあがり、GUIもそれなりに速く動く。小さなPCという感じだし、さすがにQuadCoreは伊達ではない。とは言うものの、IntelのEdisonと同じく、外部のハードウエアを接続するところには、基本的にGPIO、I2C、SPIのインターフェイスがあるだけで、ここにアナログの入出力が欲しいときは、どうしてもI2Cなどで接続できるA/Dコンバーターなどを外部に付ける必要が出てくる。温度計測なども、最初からI2C接続のものであれば、そのまま付くが、アナログ値で温度が出てくるタイプだと、A/Dコンバーターを間に付ける必要がでてきて、部品点数が増える。

それでも、プロ用のハードウエアとソフトウエアの組み合わせなら、Edisonがボードサイズも小さくていい感じなのだが、A/DやD/Aを伴う教育用ということになると、やはりpcDuino3が最初からこれらのものがボード上にあるため、非常に便利だ。当然、OSのカーネルもそのハードウエアをサポートしている。

Raspberry Pi 2は小さなパソコンを作るためのボード、という位置付けになるだろう。I/Oが限定的で、あまりそれを利用しない、ということが前提だ。従ってIoT向けのノード用コンピュータとしては、今ひとつ、という感じでもある。pcDuino3はデュアルコアでCPUスピードはRaspberry Pi 2に劣るものの、A/DなどのI/OがArduino互換で揃っており、教育用に向いている、という感じがする。実際の機器への実装を前提とした開発には、Edisonはそのボードの小ささでIoT向けデバイスらしいコンピュータであるのだが、いかんせんI2CやSPIでバス接続される他のハードウエアの制約がある。これはRaspberry Pi 2でも同じことではあるのだが。

ということで、現実的な使い方としては、IoTの教育用にpcDuino3、小さくて安いPC作成にRaspberry Pi 2、IoTの実際の機器への適用システムの開発には、Intel Edisonがいい、という感じがするが、Edisonは周辺回路を多く必要とする、ということになるだろう。そういう意味では、まだIoTのノード向けのスモールボードコンピュータの決定版というのは、まだ出ていない、ということになる。

しかし、最初から小型化のためも考えたWi-Fi搭載、というEdisonの先見性はこれから評価が高くなることだろう。

 

激安スマートフォンを使ってみたらどうなったか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

激安のスマートフォンを使い始めてほぼ1か月以上が経過した。

激安のスマートフォンとは、この記事で詳細を書いたものだが、要するに

(1)「SIMフリーのスマートフォン」
(2)「OCNモバイルONE」
(3)「050plus」

の三点セットを組み合わせて、機器代も含めた初期費用1万5千円、毎月の支払い2千円、しかも必要のない付加サービスなどへの強制加入などは一切なし、というもの。iPhoneの「SIMフリー版」も使える。だが、そのときは端末代金は高くなるから、初期費用は上がる。しかし毎月の支払いは同じ2千円でできる。また、最近は(2)と(3)をセットで売っている。下のAmazonの広告はそのセットだ。

使ってみた感想はどうか、と言われれば、「快適」の一言に尽きる。この組み合わせの前はauを使っていたのだが、auのときと使い勝手は変わったことはなにもない。

面倒なのは、最初の設定のときのみ。細かい設定を自分でしなければならないが、それは最初の一回だけ。その後の使用はauを使っていたときとまるで変わらない。

これを見ていると、やはり昨年から今年は「激安SIMフリースマホ元年」という感じがする。なにせ、auのLTEを使っていたときは、毎月なにも通信・通話をしなくても最低で7千円かかっていたのだから、auの場合と比べて年にすると、ほぼ6万円の節約になる。また、時間がある方は「激安SIM」については「OCNモバイルONE」以外にも多くサービスがあり、いろいろ調べて購入することもできるし、「電話サービス」も「050plus」以外にもいくつかサービスがあるので、それを使ってもいい。

また、海外に頻繁に行くことがこれから日本人には増えてくるだろう。そんなとき、SIMフリーのスマートフォンは国にかぎらず、空港などでその土地のキャリアで使える「SIM」があるので、それを使う生活ができる。なににせよ、1台はSIMフリーの機種を持っていたほうがいい。

私の場合は、という限定つきだけれども、SIMフリーの機種はできるだけ安いものを選ぶことにしている。というのは、移動が多いのでこの種のものは不慮の事故で壊すこともあると思うと、あまり高価なものを買う気になれない、ということがあるからだ。また、私はAppleをどうしても使いたい、というApple大好き人間でもない。落としても壊しても、「代わりのものを買えば良い」という価格が、自分にとっては結構大事だ、ということだ。たとえ後生大事に使ってなんの事故もなかったとしても、2年もすれば古くなって新しい機種にせざるを得ないわけなので、やはり安い機種を選ぶ。

以下のAmazonの広告は、今回使った「最安」でかつスペック的にも現在のところ「最高」の組み合わせだ。

 

また、どうしてもAppleがいい、という方はハードウエアをAppleのSIMフリーのものにすると良いが、もちろん本体の価格は高い。以下の組み合わせでいける。