火を吹くモバイルバッテリー(1)

あのニューヨーク貿易センタービルの「September 11」に合わせたわけではないと思うが、2017年9月11日、東京の神田駅で、白煙が上がった。「2年前に一番安いモバイルバッテリーを買ったが、それが爆発した」ということだ。これまでも、iPhoneやAndroidのスマートフォンが爆発して死者が出た例もあるし、PCの電池でも同様の事故が世界のあちこちで起きている。

特に最近気になるのは、外部にケーブルなどでスマートフォンに接続して充電する「モバイルバッテリー」だ。モバイルバッテリーは、中に充電式の大きな容量の充電式電池を持っていて、これに、夜寝ているときなどに充電する。そして、朝起きたら、出勤時などにスマートフォンとともに持って歩き、スマートフォンの電池が空になったときに、このモバイルバッテリーからスマートフォンに充電する、という仕組みだ。大小様々、有名無名様々な製品が非常に多く家電量販店などで並んでいるが、ときどきではあるものの、前記のような「爆発事故」を起こすことがある。最近はこの充電式電池をいわゆる「電子タバコ」でも使っていて、その電子タバコが爆発した例もあるという。

【モバイルバッテリーは1年で買い換えること】
では、こういったモバイルバッテリーを使うとき、なにを気をつけたら「爆発事故」に会わないようにできるのだろうか?これまでの充電式電池の爆発事故の多くは「2年前に買った古い電池」などの電池が事故を起こす例が非常に多い。ということはモバイルバッテリーの事故を起こさないためには、まず第一に「1年たったら、新しいものに買い換える」ことだ。現代の充電式電池は、毎日充電と放電を繰り返していると、だいたい1年で劣化が始まり、2年くらいで寿命を迎える。それでも使うと事故を起こしやすい、ということだ。これは、電池の劣化を考えていない充電器の充電回路に問題がある場合が多く、当然ながら、古いモバイルバッテリーほど、回路も古く、危ないものが多い、と考えるのが普通だ。そういう意味でもより新しいモバイルバッテリーにするのは意味がある。

【充電しっぱなしは問題ない。が、】
よく、「過充電は良くないから、モバイルバッテリーは充電が終わったらすぐにケーブルを抜こう」などのことが書いてある記事があるが、これはほとんどの場合ウソだ。モバイルバッテリーの中には、非常に賢い充電回路があるので、過充電になりそうだったり、電池の温度が上がると、充電や放電を中断する回路などがついている。つまり、充電しっぱなしは、ほとんどの場合、問題がない。しかし、「古いモバイルバッテリー」では「古い電気回路」を使っているものがあり、現時点で2年以上前のものは、電池が劣化する状況をわかっていないものもある可能性がある。そうなると、充電することで、電池が爆発するものがあるので注意が必要だ。いずれにしても、ここでも「2年以上前の古い電池は使わない」ことだ。

便利に使っている人も多いだろう「モバイルバッテリー」だが、それを安全に使うコツは簡単である。「1年で買い換える」「中古は買わない。必ず新品を買う」。これに尽きる。これは、モバイルバッテリーだけの問題ではなく、スマートフォンの電池、タブレットの電池、PCの電池などの全ての充電式電池で言えることだ。

 


もうAruduinoは古いかも?

pcDuino3nano-with-bread-board

pcDuino3nano-with-bread-board

pcDuino3nanoを秋葉原で2台購入。一台はIoTの実験・研究用に。この写真ではI2Cの温度計測モジュールIC、ADT7410を接続して、実験中。I2Cは携帯電話の中などで使われている機器内部バスだが、これからはこういった工業計測でも使われるようになるだろう。

pcDuino3nano-box

pcDuino3nano-box

そして、もう1台はこういったボックスに入れて、小規模サーバマシンとして利用。あるいはデスクトップ環境での実験用。

pcDuino3の中には、ソフトウエアとしてAruduinoも入っており、いま、大学や専門学校などで教材として使い始めたオリジナルのAruduinoよりも性能が良く、拡張性も高い。なにせCPUがデュアルコアで信頼性も高い。加えて、Ubuntu-Linuxが最初からインストールされており、C言語やC++言語での開発環境も中に入っていて、実際の仕事の現場での開発に一番近いものが全て入っている。もちろん、処理速度は最近のPCよりは見劣りするが、数年前のPCとほぼ同じくらいのパフォーマンスが出る。しかも、値段は5千円くらい。

細かいバグは正直言ってまだある。たとえばI2Cは今ひとつ動作がおかしいこともあるし、バスのSCLは200KHzだけしか使えないから、接続デバイスが限られる。しかし、open/close/read/write/ioctlのシステムコールで簡単にI2Cが使える、というのは素晴らしい。しかも、これにディスプレイ、キーボード、電源を接続するだけで、独立したPCのようにも使え、ブラウザなども最初からインストールされており、ネットから情報を持って来つつ、ここで実験をする、というのがこの一台で可能になる。IoTの教材としても非常に安価で性能も高い。Aruduinoはどうしても他にPC接続を必要とするが、pcDuinoではそれが必要ない。これ一台で完結するのだ。

更に拡張したい場合は、microSDソケットに別OSを入れるなり、ストレージにするなりできるし、HDDなどの接続用にSATAのインターフェイスまで備わっている。赤外線のシリアル送受信、オーディオの入出力端子は言うに及ばず、外部デバイスのためのGPIOもアナログ入出力もある。

制作してきての難点といえば、ボードを固定するためのスペーサーのビス穴がM3ではなく、一回り小さいM2になっていることくらいだが、それでも非常に手軽であることには変わりない。また、電源もmicroUSBで供給するのだが、5V/1A以下ではやはり少し不安で、2Aが必要だ。しかし、iPad用などタブレット用のUSB接続電源はどれも2Aの容量はあるので、2Aのものは現在では入手が容易だから問題ない。

大学や工業高校での教育に、Aruduinoが最近よく使われているが、pcDuinoであれば、さらに安いコストでより高性能で拡張性の高い、教育的にも高いものを用意することができる。もうAruduinoは古いのかもしれない。