商社の記録

※本記事はフィクションであり、実在の団体、組織、人間とは一切の関わりはありません。

「あ、ありがとう。そのプレゼン資料はそこに置いておいてくれ」
「ここでいいですか?」
「いつものように、後でメールでもPDFでいいから、送っておいてくれな」
「わかりました。では、これからA社に行きますので、席にはいません」
「おお、そうか。お客様とだからな、少しは良いものを食べてきてくれ」
「とりあえず鰻の予定です」
「。。。。あまり接待費多く使うなよ」
「わかってます。ネットで安いのを探したうえに、割安クーポンをゲットしてきましたから、通常価格の半額なんで、値段的にはいつもの昼食とあまり変わりません」
「頼んだよ」

大迫部長は、その一言で、佐川を接待に送り出した。それから1時間後。

佐川がA社を接待中の昼。佐川のメールに着信があった。

●メールの文面:
—–
佐川幸教 さま
青鞜商事 人事部

本年6月10日13:00付けで以下辞令を貴君に発令します。

現職 :A社担当営業部課長 佐川幸教
異動先:なし

※なお、本メールで「異動先」に「なし」とある場合は、会社都合解雇となりますので、7月10日までに、本社事務に連絡をしたうえ、退職金納付先の銀行口座番号などをお伝ええいただくなど、手続きが必要です。また、出張等で社外にいてこのメールを受け取った場合は、その場での解雇となりますので、帰社の必要はありません。

※疑問な点などございましたら、人事部までご相談ください。

青鞜商事 人事部
—-

客の前だが、メールを見ている佐川の顔が青くなった。数分、固まっていたら、A社のお客様が怪訝な顔をしている。この事態、目の前の担当者の高橋さんに、どう説明しようか。。。。そう思っていると、佐川の携帯が鳴った。

「おい、メール行ったか?」
「大迫部長、来ましたよ。なんなんですか、これは」
「どうやら部署ごと、突然のお取り潰しだ。俺のところにもメールが来て、俺も一緒に解雇だそうだ。A社とは既にある電子商取引システムに加えて、人工知能の取引システムが加わって、営業部そのものが必要なくなった、ってことらしい。隣の人事部の部長に聞いたら、そういうことだった」

大迫部長はそこまで一気に言うと、一息ついて言葉を継いだ。

「君の机になにか大切な私物はあるか?家族の写真とか」
「いや、特にはありません。まだ経理に申告していない、この前壊れたので自費で買ったホチキスがあるくらいです」
「なにか私物で大切なものを思い出したら、言ってくれ。君の自宅に送っておく」
「ありがとうございます。わかりました。しかし、なんてことに。。。」
「銀行でも大量のリストラがある世の中だ。こういうこともあるんだろうとは思ったが、まさか自分が。。。こんなときに。。。。」

部長の言葉が途切れたところで、電話の向こうで、取締役の一人が叫ぶ声が聞こえている。どうやら、部署の使っている部屋の立ち退きが今日の夕方に迫っているので、早く立ち退きを済ませるように、と叫んでいるらしい。大迫部長は電話を続けた。

「まぁ、そういうわけだ。君はそのまま自宅に戻って、奥さんにでもゆっくり話すといい」

「奥さんに”でも”」という言葉に、佐川はカチンときた。家族になんて言えばいいのだ?「でも」とは何事だ。人をなんだと思っているのだ?家庭をなんだと思っているのだ?壊れたら取り替える電子機器の部品のような扱いじゃないか。佐川は怒りがこみ上げてくるのをおさえて、部長の電話に答えて言った。

「わかりました。そのようにするしかないようですね」

いささか怒りがこもっている言い方ではあったが、ここに至っては、感情は全部を抑えきれない。言葉に出てしまう。突然のことに、頭は真っ白だ。他のことは考えることはできないが、しばらくしたら、退職後のことを考えることはしなければならない。

接待は2時間に及び、何事もなかったかのようにA社の高橋さんとうなぎ屋を出たのは午後3時近かった。夏の日差しはまだまだ高い。佐川は真っ青な空に一羽で飛ぶ鳩に話しかけた。

「君はどこにいくんだい?。ぼくは。。。。。今から帰るよ。家にね」


それから3日後。佐川は会社に向かった。事前にアポは取った。驚いたことに、アポを取るために会社に電話をしたら、会社は全部の電話が人工知能による受付システムになっていて、音声応答、音声解析が使われていた。人事部ももうICT化・人工知能化されていて、人がいないとのことで、残っている社長と副社長のどちらか、ということでアポを取った。他の役員もみんな辞めたとのことだった。佐川は社長に会うことになった。社長に会うと、話はじめは社長からだった。

「やぁ、佐川くん、大変だったと思うが、これからはこういう世の中だ。我々はどこで食っていくかだね」
「え?社長は会社にいらっしゃるじゃないですか」
「いや、実は来週までしかいない」
「え?社長も?会社が持たないじゃないですか!」
「違うんだ。社長業も人工知能がやるとのことだ。この会社では。大株主から連絡があってね。。。。そういうことだ」
「ということは、この会社完全な。。。。」
「そうだ。無人の会社になるんだ」
「しかし、無人だったら会社じゃないですよそれじゃ。法務省から登録抹消されますよ」
「いや、ぼくら役員は名前だけ残って、実際の仕事はしないでいい、ってことらしい」
「ということは会社というよりも”お金の製造マシン”ってことですか」
「そういうことだ。しかし、我々の人間の組織だって、それを構成しているのが人間である、というだけで、それが機械に置き換えられただけだ、と考えれば。。。」
「じゃ、人間は? 株主になればいい?」
「そういうことだな。いや、それしかお金を得て生きていく術はない。聞けばどこの会社でも日本政府の政策にあわせて同じようなことが始まっている。今の日本の会社の役員や社員はこれから高齢化していく。その対策で、政府が進めているんだ」
「つまり、日本人、ってのは。。。」
「そうだ。ひょっとすると日本人ってのは。。。。」

二人の言葉はなかった。

「どうだ?今午後4時だ。少し早いが飲みにいくか!新しくできたロボットが店員のバーがある。そこに行こう!」

社長は佐川を誘った。

「行きましょう!」

佐川はこたえた。