電子出版の時代が始まる

昨年の記事が紹介されていたので、読んでみた。この記事にはかなり違和感があった。電子出版というのは、枯れ木に接ぎ木をして枯れ木を延命させるものじゃないよなぁ、ということを感じたから。

実際に著者として電子出版をしてみてわかったことは、電子出版というのは、著者と読者を直接つなぐので、これまであった出版の「業界」を破壊するんだね。つまり編集者とか営業さんとか、取り次ぎさんの給料が出ない。現在そこにある「出版業」というものが成り立たないのが前提なんですね。「現在の出版業」を「ITシステム」で「置き換える」のが「電子出版」なんですね。まぁ、これはあらゆるところで起きていることだけれども。

出版業界という人件費の塊が一瞬にして消えることによって、読者の払うお金を低くしつつ、著者印税を上げる。その「原資」は「出版業界の消滅」による。これが電子出版なんですね。

AmazonKDPで言うと、入稿はWordのファイルのままでOK。レイアウトは読者が端末側で縮小拡大するから崩れて当然。目次を付けてもページ数は空欄にしてしまう。読者側での拡大縮小でページが変わるからだね。

「電子出版」の目指すところは「現状の出版業の消滅」による出版業の徹底した合理化と再編なんですよね。だから、今までの出版業から大きな反発があって当然だと思うのね。多くの人の給料が消滅するんだから、抵抗あって当たり前です。

でも、その「革命」によって、読者はより安い本を手にできる。水は高いところから低いところに流れる。その真理に従えば、同じものが手に入るなら、安い方がいい、と思うのは読者の心理。そして出版業に流れるお金のほとんどの元が読者が払うお金によるのであるから、電子出版への流れは、その変化の速さを抑制はできても止めることはできないんだよね。

この変化の時代を先取りして楽しめ!その力は自分で獲得しろ!ってことです。