子供にプログラミングを教えるのであれば

最近は学校教育でプログラミング必修、とかなるらしいので、あちこちでその話題を聞くんだが、正直なところ、この程度の理解では、そりゃ面白くもなんともなかろうなぁ、と思うわけですよ。

まずね。人間が物事を理解するのは「分析(Analyze)と統合(Integration)」という基本があるんだぜ、ってことがわかってないんじゃないかと思うのね。これは西洋の科学の基本のところなんだな。日本語で「科学」って訳した人、すごいねぇ。ちゃんと本質をわかってます。西洋の科学の基本概念は「ツリー構造」なんですよね。ほら、フォルダとファイルなんて、そういう感じでしょ。コンピュータのソフトウエア世界そのものが、この思想で出来てるわけです。プログラミングでいえば、クラスとか、構造化とかって、そういうことだよね。

「科学(Science)」ってのは、「科」する学問なんざますよ。「科」ってのは、ほら、草木の分類とかで「~科~目の」なんて言うじゃないですか。あの「科」です。その意味は「分けて、分けたそれぞれに名前をつける」ことなんです。そうして分けたそれぞれのものが別のものだと認識する。そして、わけられたものも、またさらにわけられて。。。。で、結局どうなるかというと、わけられたものの構造は「より簡単になる」わけで、人間が理解しやすくなる(はず)って言うことなんですね。だから「分ける」「分けたものに名前をつける」「名前をつけることによって、わけられたものどうしが別のものであると認識する」わけです。分かった?なんつって。こうやって、ツリー構造の幹から枝に向かうわけですね。概念的にね。これを「分析(Analyze)」と言うわけですな。

で、分けて、違うものと認識する、というのが前提だから、同じ名前のファイルとかって、同じフォルダの中の同じレベルの場所に作れないようになってるよね。そういうことだよ。昔のコンピュータサイエンス関係の本には「named」っていう単語がいっぱい出てきた。「名前が付けられた」ってことね。これが重要な意味を持つのは、「分類」がそれによってなされるからだね。

反対に、このツリー構造の枝で別れたものを組み合わせて幹の方に向かう、複雑なものを作っていくのは「統合(Integration)」っていうのね。

近代から現代に至る「科学」のそれは根本的な哲学なんですわ。コンピュータの構造とかプログラミングも、要するにそういうものが根底にあって、それで作られているわけね。まずはさ、子供にここを理解してもらわんと、困っちゃうわけです。

しかし、だ。この「科学」という人間の叡智も、ビックラこいたのが、生物の世界。言い換えれば、自然科学のほとんどだわな。分析していきゃわかるだろ、らくしょー、とか思って分けて分けて分けて分けまくった先には「C,H,N,O」っていう4つの元素しかなかった。いくら分けても、人間てものがどうできているか、まるでわかんなかったんだね。逆に、わけていってシンプルにしたら、かえってわかんなくなっちゃった。この方法じゃわからん、ってことがわかったんだな。人間とか生物の秘密は、実は分けてもわかんなかった。「生物の秘密」は実は「分けてもわからず、その組み合わせにあった」から、分けて分けて分けても、かえってわからなくなっちゃったんだ、というのが、やっと最近わかってきたわけですね。

まぁ、そういう「生物学」の世界の話はともかくだな、その前段階としての「西洋的科学を支える哲学」ってのは、難しい概念でもなんでもないので、まずはそれを教えて欲しいわけですよ。それがわかると、みんなそのアナロジーでできてるのがコンピュータとかプログラミング言語なんで、どんどんわかっていくんだよ。そう「ツリー構造」という概念がなぜ西洋の科学の本質として使われてきたか?それでコンピュータがいかにできているか、ってのを学んで欲しいなぁ、と思うわけです。

 


「危ないものには手を出さない」が、一番危ない

090809_004150

togetterのまとめで学校でのスマホの話題があった。大変に面白いので、読むとはなしに読んでしまったのだが、ここには重要な問題が潜んでいるように思うのだ。

いまや子供にとってもインターネット環境は必須、という時代になった。小学校や中学校であれば、子供どうしのコミュニケーションに必要で、地域の緊急犯罪発生情報なども入ってくる。今はその情報の出入り口が、PCではなくて、スマートフォンになっている。親はまだ携帯電話、ということも多いだろう。高校生にもなれば、友人とのコミュニケーションはいっそう密になるばかりでなく、学校からのお知らせとか学校への連絡も、メールなどを使うのは当たり前になってきた。大学生に至っては、スマートフォンに加えてPCを使わないと、レポートなどの提出ができない。それは「必須」になったし、おそらくこの流れは変わることはないだろう。社会人になったらなったで、他人とのコミュニケーションの必要性はさらに増す。今はオンラインコミュニケーションが当たり前なので、コミュニケーションは組織内だけでは終わらないものになったからだ。

しかし、このtogetterの例のように「危ないものは使わせない」というだけの親の単純思考ではこの変化の時代に全く対応できない。既に始まっているのは「単純なバカは生きられない」社会なんだろうね。「ネットリテラシーは食事と同じ」というレベルでなければ生きられない世の中なんだな。FacebookアプリでXX診断、なんてのをやっているなんて、その危険性の認識がないバカですよ、なんて個人的には思っちゃうわけだが、これで、これまで何人FB友人を外してブロックしたことか。。。と、遠い目になってしまう。

今の時代は生活においてのスマートフォンを含めたオンラインコミュニケーションが当たり前の一部になっている。それは目に見えないから、見ただけではあるのかないのかわからないが、実際には「そこにある」ものだ。加えて、今の子どもたちの親の世代とは違い、子どもたちは空気を吸うようにオンラインコミュニケーションをするのである。

 こういった時代にネットを使うためのリテラシーは必須である。加えて、それは実社会と同じだし、実社会と密につながっているものだから、手放すわけにもいかないし、電源を切ることもできない。よく「公共交通機関では携帯電話の電源を切ってください」という張り紙があったものだが、最近はそういうものは見ない。電源を切ろうにも、一般の人には電源を切るやり方すらわからない、という時代である。代わりに「スマートフォンをやりすぎてホームから落ちないように」なんて言ってるくらいだ。
既に20年以上前の時代と人のコミュニケーションのやり方も道具も変わった。子どもたちはその新しい社会に適応しないと、社会のコミュニティに入っていけない。そういう時代の変化を親はわかっていない。このような混乱はしばらく続くだろう。子供が親と同じ体験をして大きくなる。それはありえない。そんなことは幻想となったのだ。時代の激し変化とはそういうものだ。親の体験は今の子供に役に立たない。それを押し付ければ混乱を招くだけだ。かといって放置はできないから、子どもたちが生きる新しい世界をじっくりと観察し、その世界を理解することが必要になる。頭が悪い人間、柔軟な思考ができない人間はそれができないから、こういう混乱を生む行動を起こし、現場を混乱させる。