「コピペで行ける!」の意味

「コピペ」で行ける!

「コピペ」で行ける!

「なんで三田さんみたいな人が、原理とか教えずに<コピペでいける>とかって言う本を出すのかなぁ?」と、言われたことがある。たしかに、ぼくはこの業界にはもう30年近くいて、一通りの技術や経営もなんとかなる。新しいものにもとりあえず対応する。でも、さすがにこの年令になってくると、次の世代の日本が心配になってくる。もっと、「作れる人」を増やす必要がある、と思い出した。

ぼくらが学生の頃からしばらく、まだ日本ではITという言葉を誰も知らず、インターネットという単語もなかった時代に、ぼくはコンピュータを始めた。その頃のコンピュータ屋といえば、「若いのに、暗い部屋でキーボード叩いていて。。。それじゃ女性にもモテないよ。なんていう青春を送っているんだ!」なんて言われた時期だった。インターネットの最初の頃の人たちにUCB(University of California Berkeleyとかスタンフォードで会った時代は、もう30年近く昔だが、米国にもしょっちゅう行った。「インターネットのルーツを探るバークレー詣で」だったんだなぁ、と今にして思う。

そして、日本の現状は「マイナス成長」の時代。人口減少はそのベースに大きく横たわるが、周辺の国や地域は、中国もどこもおおむねプラス成長である。「日本のITはどこ行った?」なんて叫んでみても、ベースがなくなっている。世界でのビジネスをするには「英語」「IT」「経営」がわかっていないと全く相手にされない。日本の多くの若い人は「英語」も「IT」も苦手だ。しかも、退職前後という世代の「先輩」は、このいずれもが苦手に育ってきた人たちばかりだ。こういう人たちをあてにすることはできない。

今の若い人と言わず、多くの人が「モノを作る」技術は必要ない、そんなものはどこにでもある、と言っているうちに、日本にはどこにもそれがなくなってしまった。まぁ、自分の本くらいでどうできるものでもないとは思うが、そろそろ、日本人もその「底力」を出すため、勉強を始めることが必要だと思うのだ。まずは勉強する自分自身のためだ。周りを見渡すと、この「失われた20年」では、日本がお金を失っただけではなく「お金を生み出す基礎」も失ったように見える。まずは、目の前のものを「触って」「動かして」「楽しい!」と思って、そして「身につける」「原理を知るため勉強する」という、そういう順序はどうしても必要だと思うのだ。そういうところに、日本という地域の大人や子供は再び立つ必要がある。

老人が自らのいる場所にあぐらをかいているあいだに、教育はおろそかになり、若い人間は育つ場所を失った。しょうがない。最初からだ。まずは基礎から、楽しいと思うことから、始めなくてはいけない。具体的に自分ができること。自分がITの技術を習得したその最初に立ち返って、まずは「うごかして」「楽しいと思ってもらおう」。そして「仲間を作って」「その仲間で生きていこう」と、そう思ったのだ。

人は人として生きるとき「道具」を作って生きてきた。それはいつか人が人として定義されるときに必須のものになった。「道具」を作っていく力はそのまま「人が生きていく力」である。それが目に見えるものであろうが、そうでなかろうが、関係はない。

「学ぶ」とは「まねぶ」である。それは「真似ぶ」であって、「真似すること」である。勉強の最初は真似でいい。勉強をしていないことを恥ずかしいと思う必要はない。今から、少しずつでもやればいいのだ。「コピペ」のキャッチはそこで考えついた。

 


「OFF THE HACK」の意味。

本BLOGの名前の「Off the Hack」がどういう意味か、分かる人も少なくなったんでしょうねぇ。と、最近思うのだが、この際、解説しておくと、もともと米国英語のスラング、「Off the hook」っていうのを、コンピュータ的に、最後は「hook」から「Hack」に変えたものなんですよね。「Hackはハッキングのハック」のこと。この「Off the hook」には、「窮地を脱する」「すごくいい!」みたいなところで使うんだが、魚釣をするときに、魚が釣り針から逃げちゃった、ってときのイメージなんだね。あと、古(いにしえ)の米国のアングラのハッカー雑誌に「Off the hook!」ってのがあって、これは、さらに意味を重ねて「(かかってきた)電話をとれ!」って意味です。昔の電話はあの「黒電話」ですから、電話をかけるときや受けるときは、電話本体の上とか横にのっかっている「受話器」を本体から外して耳と口に当てる。受話器を本体から外すと、電話機が電話局と接続される。つまり「オンラインになる」。受話器を知らない人はいないとは思うけど。で、この受話器を本体から外して「電話をかける状態にすること=オンラインにすること」も「Off the hook」の意味でもあって(つまり、受話器を取れ、だね)、この名前をそのまま初期のインターネットがなかった時代の「電話ハッカー」のハッカー雑誌の名前に使ったんですよね。

インターネット以前の電話ハッカーの時代は、ブルーボックス、ってのがあって、これが電話ハッカーの「神アイテム」だった。ある周波数の音を出すだけなんだが、これで電話交換機を騙して、国際電話をタダ掛けできるようになったんですね。今は仕組みが違うから無理だけどね。Appleの創業者たちも、これにハマったんだな。で、このブルーボックスの種出す音の周波数は2600Hzだったから、ハッカー雑誌では「2600」っていうのもあったんですよ。ちなみに、ブルーボックスについてはこちらを参照

で、この恐れ多くも伝統のハッカー用語でもある「Off the Hook!」の最後を「Hack」にして、「ハッキングから逃げろ!(逃げた!)」みたいな意味にしたのが「Off the Hack!」なわけです。最近ぼくはセキュリティ屋さんでもあるので、これでいこう、と。

こういう言葉の遊びがぼくは好きなので、今回は、本BLOGにIoTのカテゴリを作るに当たって、カテゴリー名を「DO IoT YOURSELF」にしたんですよね。これは、おわかりな方にはおわかりの通り、「Do It Yourself(自分でやりなさい)」のもじりなんだな。日曜大工とかの分野ですね。これは。こういうセンス、好きなんですよ。と、勝手に悦に入っております。

 


「報道」の意味が変わった

ea101687最近は目の前でなにかあると、みんなスマートフォンのカメラを向け、SNSにその場で投稿する。当然のことながら、報道機関はその映像を規制することはできないし、その映像をSNSで多くの人が見る、そのスピードには報道機関は追いつくことは構造上ない。「スクープ映像」は報道機関の独占物ではなくなった。しかも、それを世の中のあらゆる人たちに届ける「メディア(媒体)」も、報道機関という会社組織などの独占物でもなくなった。さらに加えて、その伝達のスピードは究極にまで高まった。「速報」ということでは、既に世界的に報道機関が生きていける場所はかなり狭くなった。そろそろ、既成の報道機関は「速報」から手を引き始めている。

既成の報道機関はXXの専門家、というネットワークを多く持っている。しかし、その専門家もSNSで自分の意見を投稿する時代である。意見はなんの編集も経ずに隠すこともなにもなく、そのまま世の中に出ていく。無名の人のコメントであっても、その中身にインパクトがあり、ちゃんとしていれば、それが広がっていく。「識者のネットワーク」は価値を減らした。

既成の報道機関であっても、最近は「間違い」が目立つ。それをSNSなどの公の場で指摘されることもある。そうなると、報道の信頼性が失われる。

これから生き残る報道機関とは、これらの、これまであった「権威」が無いところで、これまで報道機関でしかできなかったことをする報道機関である。それを日夜脳漿を絞って考え、試行錯誤することが必要であり、それを実際にする報道機関が生き残るだろう。報道機関を会社組織などのかたちで採算を考えて継続させていくためには、失ったものと、自分たちのちからで得る他にはないものを、しっかりと把握し、その特徴をいかにお金にしていくか、ということを考えなければならないだろう。

インターネットが世界の報道のすべてを変えている。ぼくもまた、この流れを作った一人として、今の世の中をどちらかと言えば楽しんでいる。変化は楽しい。