小松左京の時代といま

伊藤穰一が「BIとAI」ということをよく言っている、と聞いている。「Before Internet(インターネット以前)」「After Internet(インターネット以後)」という意味だが、純粋技術的に言うと「Before Digital(デジタル以前)」「After Digital(デジタル以後)」だろう、と、内側から見ている私は思う。実際、インターネットはデジタル技術がベースであり、アナログの時代=Before Digitalの時代には、デジタル技術は「パルス技術」と呼ばれており、私も大学生のときはその名前の教科が必修だったことを覚えている。

デジタルのデータ通信技術、デジタルのデータ蓄積技術、デジタルの高速化技術、デジタルデータのシリアル化などの技術(いや、これらの用語がわからない人はわからないでもいいんだが)、が、デジタル技術の進展に伴って、多くの可能性が出てきた。これらの技術の先には、デジタルデータを使った画像処理、画像表示、動画、音声などの現実世界とのインターフェイス技術が現実化してくる。そうなってはじめて、インターネットという「ネットワーク」という抽象的な概念を現実化できる段階になる。それまでは理論であったものを、実際の技術に落とし込み、現実の世界に適応させる。つまり、多くの技術評論家が話す「夢の未来」は、こういう過程をすっ飛ばして、「こんなことができます」と、見えるところ=表層を撫でて、何らかの解説をした気になっているに過ぎない。

既にデジタル技術の洗礼を受けていた私のような研究者&技術者にとっては「インターネット」は驚きでもなんでもなく「当たり前のこと」でしかなかった。しかし、その一般社会に見えるところのEffectは当然インパクトのあるものになるであろう、と予想できたし、実際、それがあったから、インターネットは面白い、と感じて、誰もがわからなかった時代にそれを扱ったのだ。実際のところ、インターネットの最初の頃は「そんなの当たり前だろ」くらいに考えていたぼくは、周辺の技術者よりも遅く、本格的にインターネットにかかわり「当たり前」の道を歩んだ。研究者&技術者として、社会的インパクトはそりゃ面白かったが、それ以上に面白いものがあった時代でもあったからだ。

それでも、ぼくがインターネットに本格的に関わったのは、世間一般よりも早かったと言っていいだろう。「ああ、そろそろやらないとね」と始めたのだ。だから、インターネットの出現に驚くことはなかったし、それのはるか以前から、インターネットは見ていたから、別に自分にとっては、特別なことでもなんでもなかった。当時、Microsoft社もインターネットには出遅れていたので、まぁ、同じ気分だったのだろう。

日本では「小松左京」が「日本沈没」で大ベストセラーを出したのは、1973年。まだデジタル技術も表には出ず、インターネットもなかった時代だ。Webが世の中に姿を表したのは(ブラウザができたのは)、1993年だから、それから20年たっていたわけだ。つまり、「日本沈没」はデジタル技術が一般的でなく、インターネットさえなかった時代の「空想科学小説」であったわけだ。

デジタルとアナログの技術は実は大変な違いがある。単に表層しかみえていない人にはわからないだろうが、それは技術の革命であり、技術の民主化であり、現代の技術の全ての始まりだった、と言ってもいいくらいだ。この革命のさなか、ぼくは日本にいて、日本の高度経済成長期の終わりの一番栄えた時期にこれらの技術に、自分の人生の一番活発な時代に肌で触れた。おそらく、私の時代以後の技術者や研究者がこういった本当の最先端に触れられる機会はもう日本には訪れないだろう。その時代の頂点が重なった「幸運」は、もう日本には訪れないと、ぼくは思う。それくらいの幸運だった、と、今になって思い出す。

そして思うのは、そういう幸運に恵まれた時代を過ごした自分の義務についてだ。

 


 

この国の「技術」は高齢者が抱えたままあの世に持っていく

日本という地域は、かつて製造業の国だった。「技術立国」などと言われた時代もあった。しかしながら、そういう時代は1970年代~2000年代でほぼ終わりを告げた。日本という地域での製造業の歴史はそろそろ終焉のときを迎えようとしているかのように、大手電機メーカーの度重なる外資の買収を私たちは目の前に見る。生き残っているのは、Panasonic、トヨタなど、海外での事業を積極的にしてきたところだけだ。既に日立の役員会は英語で行われている、という話もあった。外資が大きく入ってくると、当然そうなるにきまっている。

「日本発」の製造業はあっても「日本の製造業」はなくなってきている、というのが正直な実感だ。これは製造業だけに限らず、土木・建設業なども含めた「モノ作り」と言われている産業全般に言われていることだ。これらの技術者で優れた技術を身に着けた人たちは、ほとんど定年退職の時期を迎えており、私の周りでも、そういう人たちがぼちぼち出てきている。私の上の世代の人たちはバリバリの現場の技術者だった人ばかりだが、既に退職している人も多い。

こういう人たちは、再就職をするときは海外、特に中国の企業だったりすることが多く、そうでない人は、退職後に退職金で余生を暮らしているが、そういう人は少ない。日本の国の政府自身にお金が少なくなっている現状では「年金」などもどうなるか、まだわからない。「技術の流出」と人は言うが、それぞれが食っていくためであって、それに否を言うことはできない。そして、「必然的に」日本の技術は海外で生き延びていくだろう。「技術」は会社というゆりかごの中で作られ、それは結果として「人」につく。そういうものだからだ。そして、人は食って生きていかなければならないし、人は年老いていくし、やがて死んでいく。そういうものだからだ。

日本は「モノ作り」の時代を終えた。モノ作りを必要としている他の国に、「技術」を抱えた「人」は行く。食うために。それは農地を求めて広い土地を転々とする焼畑農業に似ているかも知れないし、牧草地を求めて広い土地をこれまた転々とする、牧畜に似ているかもしれない。

結果として、技術とそれを持つ人、それを職業にする人は地域に縛られる生き方はできない。

この重要な点を抜きにして「日本という地域の再生」はありえないだろう。逆に言えば、この国の「モノ作り」の再生は、ここに肝がある、とも言える。

 


技術はお金である

技術がなぜ求められているかと言うと、それがビジネスに直結するからだ。たとえば、インターネットのような国際デジタル通信回線は、インターネット以前にもあった。でも、使う企業や人が少なかった。それはコストが高すぎて使えなかったからだ。コストが高すぎて使えないものは、いくら素晴らしい機能を持っていたとしても、無いのと全く同じだ。例えば、目の前に3億円の高級車があって、水素自動車で壊れるまで燃料の補給を必要としないすごいクルマであったとしても、それを購買の選択肢に入れる人はまずいないし、できたとしても非常に限られているだろう。しかし、数十万円で買える軽自動車はいくら3億円の自動車と比較して貧弱で、使い方によっては毎週ガソリンを入れる必要があったとしても、買う人は多くいることだろう。「素晴らしい機能です」だけを言うのは、全くフェアではない。「素晴らしい機能だけど値段はバカ高い」という言い方がフェアである。あるいは「すごく安いクルマだけど、機能はそんなにありません」でもいい。

しかし、日本はアジアで最初の高度経済成長期を謳歌した時代があって、その時代にモノを作ってきた人たちはこの「価格とのバランス」という考え方をついつい忘れてしまう。特に大企業に雇われていただけの技術者とか研究者は「コスト」についてはほとんど無知だったし、退職後の今も、それで良いと思っていることが多い。

「どうです!すごいアイデアでしょう!」
「すごいですね!価格はどのくらいですか?納期は?」
「1億円です。1年でできます」
「じゃぁ、要りません」

と、なる。

インターネットがなぜここまで普及したかというと、かつては毎月数百万円のお金を払わないとできなかった国際間などの遠距離データ通信が、いまは毎月数千円でできるからだ。そして、そのインターネットがあるからこそ、その上に「IoT」が現在のバズワードにもなっているのだ。その証拠に、かつてのバカ高い通信料金でも、国際的な巨大製造業などでは、必要があるから、その通信にお金をかけるのは当たり前だった。当然、その時代には庶民が国際データ通信を使う、なんてことは、コストを考えれば、できるわけもなかった。言うまでもないだろう。

高度経済成長期という「幸せな時代」に育った研究者とか技術者が「使えない」と言われることが多いのは、コストについて、あまりに無頓着であるからだ。それでいて、自分たちは素晴らしい仕事をした、という記憶だけが残っていて、無駄にプライドだけが高い。時代は変わっていて、技術はコストとの兼ね合いでそれを使うかどうかが決められる、という感覚が全くない、という人があまりに多いのだ。いま、Amazonで「IoT コスト」というキーワードで商品検索をしても、数点しか商品が見つからない。コストのことを考えていない人がいかに多いか、ということなんだろう。

IoTが大きく騒がれているのも、かけるコストに対して得られる効果が大きい時代になったからだ。25年前、その技術は全部あった。しかし、今なぜ再びそれが騒がれているのかといえば、多くの儲けの低いビジネスでも、IT技術を使うのに、お金がかからなくなったからだ。技術の進歩とは、そのままコストである。今は、技術者にとって「コスト」は最重要課題なのだ。