「トンデモ電磁波」のお話

ネットでは「電磁波の被害」について書いてあるホームページがけっこうある。健康被害がある、とのことだが、であれば、まずはPCやインターネットをやめることをおすすめしたい。というのは、PCなどは画面からもキーボードからも電磁波は出まくっており、おそらく、私たちの身の回りにある機器のうち、PCは電子レンジの次に電磁波を多く出しているからだ。さらに、スマートフォンやタブレットを使う、などというのは、論外である。これは電磁波の発信源として日常的なものだろう。

掃除機や冷蔵庫なども、電気を使っている以上、電磁波を出しまくる。「電磁波」とは、「電気と磁気の波」である。つまり、電気が変化すると、その変化にともなって、周囲に磁気の変化ができる。その磁気の変化があると、それにつられて、また電気の変化がある。この連なりが「波」になるから「電磁波」というのである。「電波」は「電磁波」を詰めた表現であって、要するに同じものだ。自動車、電車、バスなども、電磁波だらけであるので、電磁波を避けたいのであれば、乗るのは控えて、歩いたほうがいい。また、現代の乗り物だけではなく、建物の中も電磁波だらけであるので、住むのであれば、深い山奥の森林の中で暮らすのが良い。当然だが、送電線や電波塔の近くなどでは特に強力電磁波が出ているので、森林の中といっても、そういうものがないところを選ぼう。また、「宇宙線」という、空から降ってくるものもあるが、これは、宇宙空間を飛び交う高エネルギーの放射線のことである。ちなみに、原子力発電所で使う「放射性物質」は「アルファ線」「ベータ線」「ガンマ線」などの「放射線」を出すが、この放射線と呼ばれているものは全て電磁波の波長がより短くなったもので、元は同じだ。つまり、この世に生きている限り、私達は「電磁波」は常に浴びている。どうしても電磁波の被害をなくしたい、電磁波は浴びたくない、というのであれば、あの世に逃げる以外に、逃げるところはない、ということになる。一度死んでみたらいいのじゃないかと思う。←冗談です。お気になさらぬよう。

人工的に電磁波が無いところは実はある。「電波暗室」という施設がそれだ。これはスマートフォンなどから出る電波を調べるのに、外部から入ってくる電磁波を極力少なくするように作られた施設だ。電波暗室に住む、というのも悪くはないが、かなりお金はかかることは覚悟しておく必要がある。

ことほど左様に、実は現代の生活では「電磁波(電波)」はどこにでもあって、いつでもそれを浴びている。現代どころか、太古の昔から、人類は電磁波を浴び続けているのだ。だから、電子レンジのような超強力な電磁波を避けるなどのことをすることくらいしか、私たちはできない。また、あまり強力ではないが、人体も電磁波を発しているのはよく知られている。電磁波を避けるために、幽体離脱などの術を会得するのも良いかもしれない。←冗談ですってば。

ちなみに、電子レンジがものを温める原理はご存知だろうか?電磁波のことを言うのであれば、そのくらいはわかっていたほうが良いと思うのだが。

「電磁波は体に悪い」というネット言説は非常に多いが、どれもこれもいい加減なものが多く、信用に値しない。