日本的な「視野狭窄」でITを語る。とか。

いやもうね、「人工知能やるならPythonしましょう」って、それ、瑣末な話ですよね。それって、実用的でないし、お金にもならない。違うんですよね。人工知能の基礎となる技術のパーツは大方なんとかできていて、Pythonのインターフェイスでやると比較的簡単に試せますよ、ってことですからね。重回帰分析とかライブラリがしっかり揃ってるし、今やメモリも安くていっぱい使えるし、CPUの演算速度も速いから、インタプリタでもなんとかなっちゃうよね、といういい時代になりましたよね、でしかないわけですよ。

かつての「製造業日本」では、たとえば半導体のことを米国からパクってきて、それを実現するにはあれが必要、これが必要、なんて集めて、おんなじものができました、でしょ?それをうまく洗練させれば、製造業としては基礎にお金と時間をいかけていないぶん、身軽に先に行けたわけですね。でも、人工知能って、そういうもんじゃないですし、だいたい「人工知能」ってものが、今までのコンピューターと別にあるわけじゃないんだな。コンピューターが日本に入ってきたとき、それは「人工頭脳」って呼ばれたわけですよ。「人工相撲」じゃないよ。「人口頭脳」ね。名前から見てわかるだろうけどそれって「考える機械」って言われたわけね。今の人工知能となにが本質的に違うの?全然違わない。

当時と今の違いは「CPUの演算速度が劇的に早くなったこと」「メモリ空間やストレージもまた、容量あたりの単価が劇的に安くなって、読み書きのスピードもまた劇的に速くなった」なのに「値段が劇的に安くなった」ってだけですよ。つまり、コンピュータは登場したときから「人工知能」を目指していたわけですよ。土光敏夫さんはメザシが好きだったらしいけどね。

まぁ、それはともかく、今言っている「人工知能」ってのは新たなテクノロジーとして「人工知能」ができた、っていうわけじゃなくて、みんなここ目指していたよな、やっと安い値段で庶民の手にも入るようになってきたんだな、ってことね。いいことだと思うんだな、ぼくはね。

日本的な製造業のやり方ではなくてさ、そろそろ変えていく時期だと思うんだよね。「なにを作ったら売れるか(なにをみんなが欲しがっているか)」が自明だった時代は、言われてるもの作れば売れた。経済も潤った。でも、今は「なにを作ったら売れるか考えましょう」という時代なんですよね。そこんとこに、注力してほしいわけですよ。そういうお仕事のパラダイムの転換が必要なんだと思うのね。