「格安スマホ」「格安SIM」を使うときには

最近話題の「格安SIM」「格安スマホ」だが、消費者相談窓口ではいろいろ混乱が起きている、というニュースが入ってきた。既に日本でも市場に出回っているスマートフォンの20%が「格安」であるという統計もあり、無視できない問題となっているのだろうが、この問題のほとんどは「従来の携帯やスマホとは違う」ということを、ちゃんと理解していないので、納得ができない、というところから始まっている。つまり、「従来とは違う」から「わからない」ということだが、そんなことは当たり前で、だからこそ「安い」のだから、このあたりのことはしっかりと知識を持ったうえ、「格安」を享受しないと、全く意味がない。

まずは「格安SIM」の「SIM」ってなんだ?ということがわからない方も多いことだろう。そこで、その解説はここにある

【セルフサービスとフルサービス】
その続きみたいにして以降を続けるが、要するに、「格安スマホ」はガソリンスタンドで言えば、セルフサービスのガソリンスタンドであって、今までの「格安スマホではないスマホ」は、フルサービスのガソリンスタンドのようなものだ、ということだ。つまり、誰かに面倒なところを頼むことがないから、「格安」になるのが、「格安スマホ」である、ということになる。

【年間数万円が惜しいのであれば勉強して格安スマホにしよう】
お金が有り余るほどあって、通信に使えるお金がたくさんある、という人・かつあまり技術には詳しくない人は、従来の「格安ではないスマホ」を使うといい。そのほうが楽だ。しかし、安く済ませようとするなら、自分である程度勉強して「格安スマホ」にすると良いだろう。要は適材適所なのだ。ちなみに、格安スマホとそうでないスマホの価格差は、年間で数万円くらいだ。このお金を多いと思うのであれば、なんとか勉強して「格安スマホ」にしたほうが良いし、そのくらいのお金はなんとでもなる、と言うのであれば、無理をして格安スマホにする必要はない。

 


市場最低のモバイルを目指せ!

P1020894

現在の市場最低の支払いで済ませるモバイル。以下のリンクでできる。
今日、「安いのが売り物」の新興勢力のモバイルのお店でいろいろ聞いてきたんだが、全然安くならない。やはり、自分でMVNOのSIMを買って、本体は自分で揃えて、それで使うのがいいみたいだ。

以下に、当BLOGで取り上げた「格安SIM」「格安スマホ」のトピックのリンクを挙げます。

●概要:どれくらい安くなるのか?:
●実際使ってみてどうなのか?:
MVNO/格安SIM導入マニュアル:
●最初のハードル・スマートフォン選び:
●格安SIM/MVNOのデメリット:
●格安SIM/MVNOではLINEはどうなるか:
●そもそも「SIM」ってなんなのさ?
http://www.mita.pw/?p=1498
●格安SIM/格安スマホの組みわせは経済的な利益だけではない: