「モノ作り」社会の終焉?

このところ、ある機器を開発しているのだが、驚いたのは、その製品を作るための部分を構成する様々なパーツの「品質の悪さ」だ。

Webカメラ程度のものも本格的に長期で使い始めると、思い通りに動いてくれないだけではなく、Webカメラのための画像撮影のユーティリティも長く使っていると落ちる。それの土台となっているOSもライブラリも、あちこちに問題を抱えている。どれもこれも、安定して動くものがほとんどないのに愕然とした。

さらに、その画像を閲覧するブラウザも、長期で同じ動作をさせていると、動いたり止まったりする。つまり、一見動いているように見えるのだが、長期で同じ動作をさせると止まる、などの耐久テスト的なことはされていないのだ。

現在のIT社会がこういうものに支えられているのだとすると、その先行きがとても心配だ。

もっと、当たり前のものを、当たり前に作って欲しい、と思うのだが、現場の様子もわかる。納期に追われ、テストする時間を削られ、なんとか動かしても、長期のランニングテストなどできるはずもなく、それでも「まぁいいや。動いてるし」なんて言いながら納品して、客先のさらに先あたりでトラブルが発覚。調べると、自分が作ったところではないライブラリがおかしいとか、お手上げ。仕方がないから、そのトラブルのある部分を回避して作り直して、また納品。気がつけば採算割れ。これが現代のITの現場なのだ。

「当たり前のことを当たり前にやろうとしてもできない社会」がやってきたらしい。

おそらく、それが今という時代なのだ。

「モノ作り」というが、そのモノそのものが、多くの他の「モノ」で作られている、なんてのは当たり前にあることだ。自動車なんかを見てみれば、何万という部品でそれができている。ソフトウエアもそうで、現在はOSだけで数百万行なんてのはザラだ。数千円の小さく安価なコンピュータの中にそれだけの「モノ」が入っている。外見からは想像もつかないけれどね。そして、その中の1つに欠陥があれば、全部が動かなくなったりする。

つまり、製品としての「モノ」の品質は、それを構成している部品の「モノ」の品質に依存しているのだが、その元の「モノ」の品質がどんどん低下しているのだ。

特に、ソフトウエアは見えないから厄介だ。これは専門家が中を見ないとその実像は見えない。

やがて、「モノ作り」そのものが崩壊する、そんな予感がないではない。

 


トランプは「アメリカン・ドリーム」の終焉の象徴

トランプ大統領の登場というのは、結局のところ米国の「誰でもが豊かになれる」というスローガンとは全く正反対の「貧富の差とその固定化」の現実を、「貧」の側からまとめた票の勝利であった、ということができるんじゃないだろうか?つまり、これまで貧しい状態を維持できたのは「やがて豊かになる」という「アメリカンドリーム」が作った幻想だった、ということが、米国民の豊かではない大多数にバレてしまったのだ。

そして、その人たちの力が「暴言」「差別発言」にまみれた「本音を語る(ように見えた)」トランプに、多くの票をもたらした。そして、それはしっかりと計算されていた、ということではないか、と、私は考えている。

対してヒラリーの陣営では「アメリカの国民はそういう単純なキャンペーンに乗せられるほどバカではないだろう」と思っていたのだろう。しかし米国の「貧富の差」は、「バカ」も「暴言」も超えて大きくなっていたのだ。そして固定化していた。

ぼくが米国のシリコンバレーにさんざん行き、ロサンゼルスで仕事をしていたのは、1980年代後半〜2001年くらいまでだから、もう16年たっている。その時期の米国はまだアメリカンドリームを信じる雰囲気が残っていた。今はもう残っていないだろう。なにせ、こちらの記事によれば、年収1800万円でも足りない、カツカツな感じがする、というので、結局のところ、Facebook、Amazon、Googleといった巨大企業の中の人だけがなんとか生きられるところがシリコンバレーという土地になった感じがある。当然、あのベイエリアを外れたら、なにもない寂れた街がいっぱいあるのが、今の米国というところらしい。

米国も日本も、また欧州もBrexitをはじめとして「横のつながり」を重視する時代から「自国だけ」に閉じこもる時代がやってきた。一方、ハイテクを中心とした製造業は国境をなくしたサプライチェーンがなければ生きて行けない時代になった。混沌が混沌を呼び、世の中はさらに複雑さの度合いを増している、というように、私には思える。

日本も「失われた20年」。米国も「アメリカンドリームの終焉」。この変わった世の中に、新しいものを産んでいくしか、人間という単位が生き残る手立が無いのは自明のことなのだが。