AIもオープンソースだしね

いま、ソフトウエアの開発のほとんどは「オープソースソフトウエア(OSS)」を組み合わせて作る。そして、そのOSS自身がまた、他のOSSの組み合わせでできていたりする。ソフトウエアは巨大になり、複雑になっている。この流れは止めることができない。

そして、OSSだって人間の作るものだから、バグがあったりするが、そのバグを直すなんてのも、あまりに膨大であるためにできなくなっていたりする。つまり、プログラマがソフトウエアの1行1行を知っている、という時代ではない。そのため、OSSの実行中に停止するなどのトラブルがあれば、そういうシチュエーションを回避する方法を探る。ソフトウエアそのものを書き換える、なんてのは全体のバランスを崩すので、できなかったりするのだ。

先日も、あるOSSを使うことがあって、それがちゃんと動いていれば便利なのだが、そのソフトを呼んだきり返ってこない、なんてトラブルがあった。しょうがないので、使い方を変更し、だましだまし使う。中身を見るなんてのは、コスト(人件費)が高くなるから、まずやらない。

おそらく、某巨大OS会社のアップデートなどでOSそのものが起動しなくなる、なんてトラブルは、そういうことにも起因しているのかもしれない。であればそれを直すのは多大なコストがかかりすぎ、誰もやらない。

ソフトウエア開発の時代は変わった。しかし、それにちゃんとついていける日本のソフトウエア開発会社も、人もいない。

ソフトウエア開発崩壊の日が近いのかもしれない。そして、今やデータベースもOSもAIも、オープソースであることが当たり前になっている。


 

「AI」はリトマス試験紙のようなもの

今日現在、「AI(人工知能)」について、あれこれと良いことも悪いことも書いている人って実にたくさんいるんだが、まぁ、どれもうわっついた話ばかりで、現場のこととかって、まるでわかっていない人が多いですよね。実際のところ、コンピュータができた頃はぼくらはそれを「人工頭脳」って言ってたわけでさ、それ「人工知能」と同じ意味じゃん、みたいな。

要するに、現代のコンピュータは劇的な価格の安さで、劇的なスピードアップ、データ容量のアップが図れるようになってきて、これまでは一瞬で判断できなかったことを一瞬でできるようになった、ってことなんだね。だいたい、コンピュータは「考える機械」って呼ばれていたわけでありましてね、と、いうことで、「人工知能」という特別なシステムが昨日今日できたわけじゃないんだね。それをことさら「AIがー」って言う人はおそらく、よくわかっていないか、あるいは、のせられているだけか、ひょっとして、あんた、広告代理店のギョーカイ人?騙してカネとる仕事ね?みたいな人だったりするわけですね。

だから、今日現在、「AI」を商売道具として使っている人って、あまり信用しにくいんだね。おそらく、今日現在「AIがー」って人は消えていくんじゃないかと思うのですよ。ぼくはね。実質がないからね。