ASUS tinker board で無線LAN/固定IPで外部からssh接続できるようにするまで

ASUSでRaspberry-Piと全く同じフォームファクタのワンボードのコンピュータが発売され、やっと日本でも秋葉原で見るようになった。以下、備忘録でインストールし、外部からログインできるようにするところまでを記録。

【Ubuntuを母艦に使う】
今回はUbuntuを母艦に使っている。microSDと、USBでmicroSDカードリーダーを使う。最初の時点では、まだカードリーダーにさしたmicroSDカードには触らない。

【OSのイメージファイルをダウンロードする】
まず、ブラウザを起動し、OSのイメージファイルをダウンロードする。OSは、最新版は「Beta」として、ASUSのご本家のページから最新版を持ってくる。「Driver&Tools」から、「Others」を選んで、「TinkerOS_Debian V2.0.1 (Beta version)」が最新版(この記事を書いた時点で)のようなので、下の「Download From Global」のところをクリックしてダウンロードする。ダウンロードしたファイルは.zipになっているので、Ubuntuのコンソールから「unzip ダウンロードしたファイル名.zip」とすると、「ダウンロードしたファイル名(.zipなし)」ができるので、このファイルを使う。今回は「20170817-tinker-board-linaro-stretch-alip-v2.0.1.img.zip」から「20170817-tinker-board-linaro-stretch-alip-v2.0.1.img」ができたので、これを使う。

【rootになって、OSイメージをmicroSDに書き込み】
まず、コンソールを使って、Ubuntuのrootになる。

$ sudo -s
パスワード:(パスワード入力)
#

microSDをUSBカードリーダーに挿してから、以下のコマンドで現在マウントされているデバイスを調べる。以下のような行が最後の方に見える。とすると、追加したmicroSDカードは「/dev/sde」であることがわかる。OSイメージを書き込むデバイスは「/dev/sde」だ。

# mount
|
/dev/sde1 on /media/xxx/AA52-6922 type vfat (rw,nosuid,nodev,relatime,uid=1000,gid=1000,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,showexec,utf8,flush,errors=remount-ro,uhelper=udisks2)
|

しかし、この状態だと書きこむデバイスがOSに「マウント」されたままなので、マウントを解除する。

# umount /dev/sde1
# umount /dev/sde2

くらいしておけば大丈夫だろう。マウント解除したら、書き込みだ。書き込みコマンドは「dd」を使う。最初にダウンロードディレクトリに移動して、そこで操作する。

# cd ./ダウンロード
# dd if=./20170817-tinker-board-linaro-stretch-alip-v2.0.1.img of=/dev/sde

これで数分から数十分待つと、書き込みが終了する。これで、OSイメージの入ったmicroSDができたので、USBからカードリーダーを外し、カードリーダーからmicroSDを外し、tinker boardのmicroSDソケットに入れる。

【最初のGUIでのブート】
まず、tinker boardに、HDMIディスプレイ、マウス、キーボードをつけ、それぞれ電源を入れる。最後に、tinker boardのmicriUSB電源コネクタに、淵源ケーブルを接続して、数分待つとブート画面が出てきて、そのまま、GUIの画面になるはずだ。これでもうログインした状態である。GUIの画面が現れると、microSDカードの残りの領域を調整してくれるなどのこまごまとしたことは、自動的に終わっている。

【無線LANの設定】
無線LANを接続するには、簡単なツールがあるので、これを使う。まずは画面下の「LXDEアイコン」をクリックして「System Tools->LXTerminal」を起動する。このコンソールから、設定を行う。以下の設定はコンソールから行う。

rootになる。

$ sudo -s
#

tinker boardの設定ツールをダウンロードして動かす。

# wget https://raw.githubusercontent.com/mikerr/tinker-config/master/tinker-config
# sh tinker-config

これで設定画面が出てくるので、メニューの中の「Setup WiFi」を選んで、どのアクセスポイントにつなげるか、そのときのパスコードは何か?を入れる。これで無線LANは繋がる設定になるが、まだ通信はできないはずだ。

次に、固定IPアドレスを無線LANに振る。エディタで「/etc/network/interfaces」に以下の記述を加える。以下はつなげたいIPアドレスは「192.168.1.101」ということになる。

auto wlan0
iface wlan0 inet static
  address 192.168.1.101
  network 192.168.1.0
  netmask 255.255.255.0
  broadcast 192.168.1.255
  gateway 192.168.1.1

DNSのネームサーバーを指定する。エディタで、「/etc/resolvconf/resolv.conf.d/base」に、ネームサーバーのIPアドレスを以下のように記述する(以下のIPアドレスはサンプル)。

nameserver 192.168.1.99

NetworkManagerが動いていたら、これを動かないようにしないと、動いているときに勝手にIPアドレスを書き換えられてしまうので、NetworkManagerを止める。

# service network-manager stop
# update-rc.d -f network-manager remove

これで、無線LANで固定IPアドレスで外部からSSHで接続されるはずだ。sshdの設定はこのボードでは予めしてあるので、特に変更がなければ触らなくても、動く。
ここまで設定したら、リブートする。

# shutdown -r now

これで、外部のコンピュータから、sshでのアクセスが可能になったはずだ。

最後に、定番のアレをやっておこう。

# apt-get update ; apt-get upgrade



電池が自分で交換できるスマホが必要だ、という個人的な理由

P1020287

一昔まえのスマホは電池を自分で取り出して交換することができた。今売っているスマホは、そういうことができないものが非常に多い。そういう意味では、私はASUSのスマホはけっこういい、と思っている。スペックは現代的なのに、電池が自分で工具なしで取り外せる機種がほとんどだ。最近のスマホは電池が自分で交換できないものが多すぎる。

電池が取り出せるとうれしい点は以下だ。

  1. 初期不良の電池は多い。交換はできるだけ早くしたい。だいたい、電池は初期不良が非常に多く、使い方や電池の品質のばらつきで、1年もすればとりかえなければならないことも多く出てくる。そのとき、電池交換さえすれば良いのに、ショップに本体を修理扱いで預けて、数日から数週間もスマホが使えない、という時期があるのはなんとも悔しい。
    電池交換のための修理の期間、代替え機を貸してもらうにしても、スマホのアプリをあれこれ入れていると、それを復活させるのは面倒だし、電池交換が終わって本体が帰ってきたときには、代替のものの中のデータの消去も非常に面倒だ。また、「修理上がり」になって帰ってきたときには「アプリのアップデートの嵐」で、しばらくスマホが使うに耐えない期間も生じる。スマートフォンにすると、音声での通信はほとんどなくなる。アプリ経由とかが多くなるので、こういう点はスマホのハードウエア設計時点からしっかり考慮して欲しいものだ。
  2. 電池トラブルがあったときにすぐに取り出せる。電池は、化学製品でばらつきも多いので、不良も多いし「電池が爆発した」という事故も世界中で増えている。電池を取り出すことができれば、電池が熱くなってきた、というときにさっと電池だけ取り出して、本体に膨らみ、爆発などのトラブルの被害を受けないようにすることができる。
  3. モバイルバッテリーのような野暮なものは持ち歩きたくない。やはり本体だけで持ち歩いて、長時間使いたい。電池がなくなってきたら、交換すればよい、というのは、モバイルバッテリーよりもスマートな方法だ、と、私は思う。

スマートフォンを使う側としては、電池の交換が自分でできる機種でないと、安心ができない、というのが個人的な感想だ。あくまで個人的な感想だけれども。だから、ぼくはいつも新しいスマホを買うときに、電池交換ができる機種かどうかを非常に気にしている。

ASUSという会社のスマートフォンはすごいな、と思うのは、そういうニーズがしっかり把握されている設計がされているところだ。電池交換ができるスマホの現行機種は現在は限られており、既に3大キャリアにはほとんどなく、MVNOではASUSが目立つ。