「カード型コンピュータ」の時代になるか?

インテル社のカード型コンピュータが発表されたのは、台湾の台北で行われているCOMPUTEX-TAIPEI2017の会場でのことだ。多くのメディアが取り上げているが、要は、高性能のPCの心臓部がカードの大きさに収まったもの、ということだ。オフィススートなどを使うデスクトップでのコンピューディングであれば、ノート型であろうが、デスクトップ型であろうが、これ一枚を挿して、コンピュータにする、ということになる。このカードには、CPU、メモリ、ストレージなどコンピュータの中心部分が入っているとのことだが、ストレージはおそらく、eMMCなどのフラッシュストレージなのだろう。であれば、簡単に言うと、タブレット型のPCのキーボード、マウス、ディスプレイの無いもの、ということになる。PCの外観は各PCメーカーが作る、ということになる。

自作PCの楽しみがまた減るわけだが、これを交換すると、CPUの性能が上がったりする、というのは重宝するだろう。ストレージは今よりも少ない容量になるとしたら、明らかに、この「カード」で作るのは「Chromebook」とか「Windows10S」のような、クラウドで動く「クラウドブック」になる可能性が高い。

さらに、このカードを使ってサーバーを作れば、小さなスペースに多くのサーバーを入れるのも現在以上に可能になる。自動車用のコンピュータも、コンピュータの中心部分はこれを使えば良い、ということになるだろう。ルーターなども、安価なものであれば、このカードで作る、という選択ももちろんあるだろう。

このインターフェイスはおそらくインテル社が標準とすることになるだろうから、業界規格も出てくるに違いない。そうなると、インターフェイスでコンピュータの中心部分と周辺が分けられるから、CPU側も、周辺側も、いろいろなバリエーションが出てくれば面白い。

大きさも小さく薄いから、スマートフォンにこれを挿せば、いつでも自分の環境を持ち歩き、電車の中ではスマートフォン、家で遊んでいるときはタブレット、仕事ではPC、と使い分け、でも中心になるコンピュータは1枚、という使い方もできるようになるんじゃないだろうか?

今後の課題は、消費電力とかストレージ、なによりも、価格などがどうなるかだが、量産ができるスペックのものは、全IC化をするわけで、かなり安くなる可能性がある。

この世界になると、家電量販店でPCの「外側」は、好きなデザインのものを選んで買ってきて、カードでコンピュータのスペックを決める、という感じになる。

と、ここまで書いて思ったのだが、ネット系のマスコミではけっこういろいろ取り上げられているものの、あまり大きな変化をこのデバイスが作れるのかどうか?ちょっと疑問になった。