LPWAが変える世界

「LPWA(Low Power Wide Area)」通信が日本のみならず、世界のあちこちで使われ始めている。新しい無線データ通信システムの各国での法整備も整ってきていて、面白い展開になりつつある。

日本では「Sensway社」が三井不動産との提携を発表八王子市ではABIT社との提携で河川の氾濫などの情報をいち早く知らせる防災システムが出来上がっている。また、福岡市もNTTネオメイト社との提携で市内のほとんどの地域をLoRaWANでつないでいる。まだまだ他にもLPWAのシステムを使ったデータ通信システムで地域をつなぎ、防災などに役立てよう、という動きは多く、他にも、「PLWA 防災」のキーワードで検索すると、どれもこれも大変なことが始まっている、ということがよくわかる。

他にもLPWAには日本でよく使われることになるであろうと思われる「LoRa」の他に「SigFox」なども名乗りを上げている。また、諸外国に目をむければ、さらに長距離の通信もできる、強力な電波を使うもの(←これ、Low Powerなの?)っていうものもたくさん発表されており、非常に大きな世界的な流れになっている。世界中のLPWAの規格はおそらく数十はあるだろう。私も全部を把握しているわけではないが。

私の個人的な見方だが、日本のどのシステムも、インターネットなしでは成り立たない、というシステムに問題があると、私は思っている。というのは、大規模災害時、すなわち、こういうシステムが有効に使われることが想定される場面では、インターネットは使えなくなっているのではないか?という危惧があるからだ。実際、東日本大震災の経験では、インターネットも、携帯網もトラフィック規制がかけられたりして、災害発生地域ではほとんど使えなかったのを覚えているだろう。インターネットを使い、携帯網を私達は普段は便利に使っているが、いざ大災害、というところではこれらのインフラはほとんど機能しない。その機能しないインフラをLPWAのシステムに「混ぜる」というのは、やはり問題があるのではないだろうか?と個人的に思う。

また、LPWAのほとんどの規格を調べると、時間あたりに通信できるデータ量に制限があったりすることもあり、動画のデータなどは現状ではまず送ることができない。無線LANと同じ感覚では使えないのだ。これは技術というよりも、法の問題なのだが、大規模災害時には、問題となることもあるかもしれない。

また、災害時などに使われるシステムは、非常時ではないときでも時々使って、いざというときにちゃんと動くことをいつでもテストしている、という機能も必要になる。昨今のシステム構築では「コスト」も重視されることが多く、普段の接続確認や有効活用などがどこまで考えられているか?ということも不安でもある。

いずれにしても、LPWAは始まったばかりである。改良も法整備も本格的に始まるのはこれからだろう。今後が楽しみだ。

 


 

IoTというけれども

年明けから、IoTの話題がどこでもすごいのだが、実際のところ、ぼくらの使っているPCのキーボードやマウスにも小さなコンピュータが入っていて、キーボードやマウスの動きをPCにデータ通信で伝え、ぼくらはPCを使えている。つまり、キーボードやマウスの中のコンピュータが本体のPCのコンピュータと「通信」をしている。当然、この通信データをインターネット経由で送れば、ブラジルで叩いたキーボードのデータを東京のPCが受け取るのは簡単だ。つまりIoTの「原型」がそこにある。これはもう30年くらい前からそう作りこまれている。当然、スマートフォンのタッチスクリーンの画面なども同じようなものだ。

【IoTは既に確立した技術。最先端ではない】
要するにIoTというのは、既に30年前には確立している技術の寄せ集めである。技術で見ると、新しいものでは決してない。簡単に言うと、IoTなんてのはコンピュータでは当たり前の技術であって、既にその技術がなければぼくらはマウスとキーボードでコンピュータさえ使えなかったのだ。

【LPWA/LoRa】
最近はLPWAなどの微弱電波による近距離データ通信の技術も表に出てきたが、これらの通信規格は既に2013年に制定されており、やっと一昨年ぐらいから商品がいっぱい出てきた。既に秋葉原に行けば、LPWAの通信モジュールは4千円くらいで売っていて、とても使いやすいモジュールとなっている。これらの国産モジュールは、日本のガス会社などのスマートメーターなどに大量に使われており、そのため、安価かつ安定的に供給されているのだ。ROHMなどの日本メーカーでも、LPWAのモジュールを作って、以前から売っている。これらのLPWAの規格では、最近はLoRa、SIGFOXだけではなく、数多くの名前をよく聞くが、だいたい世界で40くらいの規格がある。個人的には、そろそろ、あまりにいっぱいあって飽きて来たなぁ、と思っていたところで、なにやら盛り上がっているのかなぁ?という感じだが。

【劇的な廉価化と性能向上】
結論から言うと、IoTはこれまでの技術が、インターネットの登場によって、安価で高速、大容量、そして遠隔地での通信も非常に安くできるようになったので、一般に普及をはじめた、ということだし、LPWAについても、やっと世間が認知し始めたもので、実際には何年も前から動いているものではある。と、そういうことだ。ちなみに、ドローンも要するにラジコンであって、2008年には農業用のラジコンヘリをYAMAHAが発売しているので、現在のドローンが出たときも驚きはなかったし、人工知能もこれまでの技術が、CPUの劇的な価格低下と性能向上によって、一般にも降りてきた、という程度のことだ。常に最先端で仕事をしていたら、みんな「古いもの」「今頃出てきたの?なんで?」なんだな。

そういう最先端の場にいなかった人たちが、今頃「最先端」だと思っているに過ぎない。

日本のITとかの技術や、それをマネジメントしていた人たちも、かなり劣化したなぁ、ということを思わざるを得ない。

 

盛り上がってきたLPWAと日本のIT業界のお話

Kishimojin / Ikebukuro / Tokyo

どこに行っても、LPWAの話が盛り上がってきていて、よく聞くようになったんだが、これでIoTの実験をしていろいろ作っていたのは、ぼくの場合は1年前のことになる。なかなかおもしろかったんだが、アマチュア無線で「ローパワー」を追求していたときの懐かしい感じが蘇ってきたね。まぁ、それはともかくとして、データ通信のためのLPWA(Low Power Wide Area)の通信方式とか、基盤のシステムにはいまやいくつも規格があって、その最初は「LoRa」と思われているんだが、それ以前にも、日本でも、あちでもこっちでも、けっこういろいろな通信の規格が乱立中、というのが正直なところだね。

で、いま、世の中にあふれているLPWAの記事を読むと、「LPWA」だの、「LoRa」だの、「SIGFOX」だの、というキーワードがそれぞれどういう立ち位置にあるのか?ってことがまるでわからないで書いてあるものがいっぱいある。表面だけ撫でているような、それで大丈夫だと思っている悪質ITライターの記事が山のように積もっていて、腐臭を放っている。

結果として、読者はまともな理解が得られず、用語とウソの概念ばかりが空中を飛び交っている。自分の手で作ればすぐにわかることが、自分で作らずに部下に任せる、なんていうことになって、さらにわけがわからなくなって時間だけが過ぎる。そういう人たちもまた山になるほどよく見てきた。

かつて、そう、1980年台くらいかだったかな?、ITの業界の雑誌とかで記事を書く人は、それなりに技術をわかっている人と、全くわかっていないなんとなくやっている人がごっちゃだったが、どちらもそれになりに食えていた。しかし、記事の中で製品をけなすこととか、不都合な真実なんてのは、ちょっと書くと、すぐにクビを切られた。結果として、中身はどうでもいいが、それがたとえ真実であったとしても、雑誌の広告のお金を出しているスポンサーに不利になるような記事を書くライターはいなくなった。それがIT業界のライター事情なんだな。自動車なんかでは「買ってはいけない」シリーズとか、そういうのがベストセラーになったが、ITの業界(1980年台くらいだとITという言葉はなかったけれども)では、「不都合な真実」を書く、実力あるライターは駆逐されてしまった。それが今だ。

そして、結果は、おそらくそれが原因の1つとなったと、私は思っているが、日本のIT業界は世界に冠たるダメ業界になってしまった。物事には、バランスというものがやはり必要で、「賞賛」もあれば「不都合な真実」もあって、それを嘘偽りなく、使う人とか投資家に知らせる、という重要な役目が置き去りにされてしまった。

最近で言えば、「ブロックチェーン」「人工知能」に同種の「危うさ」をぼくは禁じ得ないんだが、要するに「賞賛」」ばかりで「不都合な真実」がゼロってことはありえないわけで、良いことも悪いことも全部さらけ出して、世の中に入っていく、という、そういうものがないんだな。IT業界というのは、キーワードをこねくりまわしてラクして儲けられる業界ではなくなった。世界的にね。そして、そういう新しい世界についていけるIT事業者だけが、世界と渡り合って、生き残っていくだろうね。ごく少数だけね。現在のままならば。

なんて、当たり前のことを当たり前にしていく、ということがIT業界はできない場面が多くなってね。そりゃ衰退するわ、って思うわけですよ。

 


LPWAで困ること

世の中は、IoTの話でもちきり、と言うと言い過ぎだが、少なくとも私の周辺のIT業界では「もうこれしかない」というようなことが言われている。人工知能もこれに絡め、大量のデータ処理はビッグデータで、サーバーはクラウドで、というような「こういうものがあります」ということで、業界は口を空に向かって開けているのだが、なーんにも美味しいものは降ってくる様子がない。IoTは工場の自動化に良い、と言うが、工場ではとっくの昔に自動化は終わっているし、最近は独自にネットワーク化も終わっている。

だいたい、工場の設備を動かすPLC(Programmable Logic Controller – これ自身は三菱の商標らしい)という、リレーの動作をコンピュータで置き換えた装置は既に25年以上前から多く工場の現場で使われてきている。米国ではRockwell社がその雄だが、このRockwell社のネットワーク機器はCiscoのOEMである。新しく「Industory4.0」などとキーワードをいじくったところで、入り込む余地はほとんどない。今やるべきことはこれらのPLC機器のネットワーク化の向こうにある、経営管理まで含めた工場の自動化システムであって、それ以外のお話は大きくなりにくい。今必要なのはこういったネットワークを経営管理、事務管理のネットワークに接続するための、PLC機器のインターフェイスができるか?とか、各社あるPLC機器を混ぜて使ったときのインターフェイスがあるかどうか?というところだ。

東証一部上場の多くの日本をルーツとする製造業各社、韓国、中国、台湾などのグローバル展開をしている製造業者は、既に世界ネットワークを自前で構築していて、それとのインターフェイスをどうするか?ということが大きな(期待していたより小さな)IT業界の仕事になる予定だ、という程度のことである。

キーワードをこねくり回すのは結構だが、ちゃんとお金を産むビジネスになるかどうか?そこが大切なことなのだ。

ーーー

で、最近、このIoTにくっつくキーワードとして「LPWA(Low Power Wide Area)」と呼ばれる無線でのデータ通信規格が浮上して来ている。これは米国のLoRa Allianceなどがその規格団体として取りざたされることが多いが、規格そのものは2013年に世界的に合意されたもので、取り立てて新しいということはなく、LoRaに準拠しないLPWAモジュールで、日本の総務省の技適が取れているモジュールは、既に多く日本の各社が作って標準部品として売っている。サンプル価格でいずれも数千円程度のものだから、大量に買うとかなり安い。秋葉原でもいくつかの販売店に行けば売っている。実際、実験をした方もこの半年で増えてきた。実際に実験してみると、通信速度は1kbpsくらい。で、距離は数kmは届く。1kbpsは遅い、とは思うが、その昔、音響カプラでデータ通信したときは300bpsである。その三倍と思えば、よくここまで来たなぁ、というのがオジサンの感慨ではある。

通信のプロトコルとしてTCP/IPは使えないから、そのデータ通信のためのデータをそのままインターネットに流すことはできないから、プロトコル変換をすると同時にアプリケーションでデータを収集したりするプログラムと、それを動かす「ゲートウエイ」になる「コンピュータ」が別途必要になる。このコンピュータは最近流行りのraspberry-piなどのサンプル価格数千円のコンピュータで十分である。明日には、このRaspberry-Piの廉価バージョンである「Raspberry Pi Zero」が発売されるので、これなら数百円、ということになる。時代はどんどん変わっていくが、LPWAの認知は多くのIoTのラスト1マイル用の通信として、安価で手軽であるがゆえに、普及していくんじゃないかと言われている。2017年2月には、日本のMVNOの業者であるSORACOMがLPWAを使ったLoRa-WANのためのGateway機器を作って、クラウドのシステムも売る、ということで、話題になった。

しばらくはこのLPWAのことで、業界は持ち切りだろう。まぁ、ぼくらはいろいろなシチュエーションでの実験も既にしているし、電波の特性もわかっている。結局、器はいくらでもあるのだが、「なにをしたら儲かるか」がない。それがIoTの現状である。