「NHKの映らないテレビ」も要らない。テレビは要らないから。

SONYの株主総会で株主がNHKの映らないテレビを売ったら売れるという提案をした、という話があって、それがあちこちで盛り上がっている。実際、SONYは業務用のTVチューナーを持たない「画像モニター」を製品として持っているので、チューナー部分でNHKを見られないようにするだけのことで、製造は難しくない。あとは放送法がどうなっているか?放送法でNHKの映らないテレビの製造がメーカーに許されているか?罰則はあるか?などが問題になるのだろう。

とはいうものの、最近の若い人はテレビをほとんど見ない。地上波に至っては、「なにそれ?」状態である。私も1998年にインターネットの常時接続を自宅に入れたら、新聞は必要ないので、新聞の勧誘が来ると「うちはインターネットでみんな見られるからいりません」と断ったし、PCの前に座る時間がどんどん増えて、とてもじゃないがテレビを見る時間はなくなった。人間には一日は24時間しかないから、情報過多の時代には、どうしても入ってくる情報メディアの取捨選択はせざるを得ない。はっきり言えば、

テレビそのものが必要ない

時代がやってきたのだ。地上波のテレビは、現在60歳以上の人が見るか、YouTuberのコンテンツ作りの素材の草刈り場となっている程度である。日本ではこれから高齢者人口が急激に増えていくので、テレビは高齢者向けの番組しか流さなくなってきており、既に若い世代からは見放されたメディアである、と言って間違いはないだろう。映像コンテンツはインターネットの動画サイトで好きなものを好きなときに見る、そういうことが主流の時代がやってきたのだ。

テレビでも「詳しくはインターネットで」という言葉が増えた。商品を大量に売るためのコマーシャル・フィルムも、既にインターネットの動画サイトでは発表しても、テレビには流さない、というところも増えた。要するに「テレビからネットへ」の流れはもはや止めるべくもない、というところまで来ているのだ。

それでも、先日、私はテレビのスイッチを入れた。モニターとしてだ。チューナーはケーブルTVのもので、米国のドラマを見たかったからだ。それを見て、テレビのスイッチは切った。地上波を見ることは全くない。韓流が好きな人には、KBSの番組をケーブルTV経由で見られるので、それがおすすめだ。

NHKが見られないTVはおそらく売れない。TVそのものが全部なくなっていく時代に入った。残るのはチューナーを外した「モニター」だけだ。ところで、チューナーなしのモニターって商品としていっぱいあったと思うんだけれども、なくなっちゃったのかな?

 


 

4Kに投資するな!8Kに投資せよ!

Tokyo's Blue Sky

Tokyo’s Blue Sky

毎年1月、ラスベガスで開催される、家電品のショーである「Consumer Electronics Show(CES)」での最近の話題は、超高画質の「4K」と呼ばれるテレビだ。これは、2014年にも放送開始となる、というニュースが流れたが、2014年も押し詰まったこの時期、まだ其の大きなニュースは聞こえない。この記事中の最後にもあるが、NHKの技術研究所では、既にSHV(スーパーハイビジョン – これは日本での呼称で、世界的にはUHDTVという)が研究され、実用段階に入りつつあり、試験放送は2016年が予定されている。

そして、このSHVは、~Kという呼び方で言えば、4Kのほぼ倍の精細度となる「8K」に相当する。つまり、4Kが2014年であるとすると、もう2年後には8Kが出てくる、ということだ。これを聞けば、一般の人で4Kへの投資が今ひとつばからしく思えてくる、という人もいることだろう。

実際、現在手に入る民生用の高精度の動画が撮れる映像機器は「4K」までで、「8K」はまだ販売されていない。しかし、NHKの技研の公開(毎年5月の連休のときに、世田谷区・砧のNHKの技術研究所で行われる)でのSHVの発表を見ると、度肝を抜かれる。

画像が150インチの高精細度液晶ディスプレイに映されると、そのあまりの美しさに言葉がない。加えて、数十チャンネルのステレオ音響、巨大なデータをいかに各家庭に届けるか、という伝送路の研究など、その研究が多岐にわたっており、完璧な「最後のテレビ」を見ることができる。

加えて、SHVを推進してきたNHK技術研究所の前・所長である谷岡氏によれば、現在のハイビジョンでごたごたした各国間での「規格」の問題も、各国を足で回って解決してきた、という。技術面だけではない国をまたいだ「標準化」という面でも、多くの配慮がなされた規格なのである。少なくとも、この分野では日本は「ガラパゴス」にならなくて済む、と期待できる。

さらに「8K」の動画映像は、様々な映像の世界を一変させる。4Kではまだ役不足なのだ。

「8K」で、どう変わるかというと、まず画素数でこれを言うと、3000万画素を超える画素数になる。だいたい、3千万画素を超えると、現在の静止画では「Phase One」などのプロ用のデジタルバック(カメラのうしろにつける撮像素子のバック)の標準的解像度になる。ちなみに、現在のPhase Oneのシステムでは、8千万画素までが実現されていて、静止画としては最高の画素数となっている。

アナログの写真の高解像度のものの分解能は、だいたい3千万画素のデジタルに匹敵する、と言われている。つまり、8Kという解像度は、動画の1画面を静止画として使ったとき、ファッション雑誌の見開きカラーページを作れるだけの解像度を持っている、ということになる。

このレベルになって初めて、「静止画」と「動画」の垣根がなくなる、というわけだ。スポーツ写真は、おそらくこのSHVの動画で撮影され、その1コマを静止画として使うようになるだろう。当然「ビデオカメラ」「(静止画を撮る)カメラ」の区別がなくなり、動画も静止画も関係ない「多目的映像機器」だけが残る。そうなると、その「カメラ」の形状は、今のビデオのようにするのか?それとも、今の静止画カメラのようにするのか?なども考えなくてはならない。

「4Kの時代」というのは、そういうわけですぐに終わる。加えて、8Kが民生用デジタル映像機器の最後のものになる可能性が高い。しかも、その実験放送は目の前だ。だから、今から4Kのテレビやビデオ機器なんか買わないほうがいい、とぼくは思っている。

放送がやがて8Kになる。8Kの世界では静止画とは動画の1コマのことになる。写真家はそうなったとき、どういうものを作品として人に見せることになるのか?どう変わっていくのか?いまは、市井の写真家であっても、先の先を見通しておかないと、アッという間に機材が変わっていく。そして、SHVはその最後に位置するのではないか?それはおそらく、ここ数年でこの手に乗るだろう。そうなったとき、新しい時代の映像芸術とはどんなものになるのだろうか?その新しい時代を見て、この手で作っていきたい、と思う。

これからは「4K」ではない。「8K – SHV」である。

【韓国・慶南大学校/コンピュータ学科・教授:三田典玄】