「NHKの映らないテレビ」も要らない。テレビは要らないから。

SONYの株主総会で株主がNHKの映らないテレビを売ったら売れるという提案をした、という話があって、それがあちこちで盛り上がっている。実際、SONYは業務用のTVチューナーを持たない「画像モニター」を製品として持っているので、チューナー部分でNHKを見られないようにするだけのことで、製造は難しくない。あとは放送法がどうなっているか?放送法でNHKの映らないテレビの製造がメーカーに許されているか?罰則はあるか?などが問題になるのだろう。

とはいうものの、最近の若い人はテレビをほとんど見ない。地上波に至っては、「なにそれ?」状態である。私も1998年にインターネットの常時接続を自宅に入れたら、新聞は必要ないので、新聞の勧誘が来ると「うちはインターネットでみんな見られるからいりません」と断ったし、PCの前に座る時間がどんどん増えて、とてもじゃないがテレビを見る時間はなくなった。人間には一日は24時間しかないから、情報過多の時代には、どうしても入ってくる情報メディアの取捨選択はせざるを得ない。はっきり言えば、

テレビそのものが必要ない

時代がやってきたのだ。地上波のテレビは、現在60歳以上の人が見るか、YouTuberのコンテンツ作りの素材の草刈り場となっている程度である。日本ではこれから高齢者人口が急激に増えていくので、テレビは高齢者向けの番組しか流さなくなってきており、既に若い世代からは見放されたメディアである、と言って間違いはないだろう。映像コンテンツはインターネットの動画サイトで好きなものを好きなときに見る、そういうことが主流の時代がやってきたのだ。

テレビでも「詳しくはインターネットで」という言葉が増えた。商品を大量に売るためのコマーシャル・フィルムも、既にインターネットの動画サイトでは発表しても、テレビには流さない、というところも増えた。要するに「テレビからネットへ」の流れはもはや止めるべくもない、というところまで来ているのだ。

それでも、先日、私はテレビのスイッチを入れた。モニターとしてだ。チューナーはケーブルTVのもので、米国のドラマを見たかったからだ。それを見て、テレビのスイッチは切った。地上波を見ることは全くない。韓流が好きな人には、KBSの番組をケーブルTV経由で見られるので、それがおすすめだ。

NHKが見られないTVはおそらく売れない。TVそのものが全部なくなっていく時代に入った。残るのはチューナーを外した「モニター」だけだ。ところで、チューナーなしのモニターって商品としていっぱいあったと思うんだけれども、なくなっちゃったのかな?

 


 

iPhoneは日本で作っているわけではないのだが。。。

Rainbow20160819-2こんな記事があったので、読んだのだが「まだ、製造業に携わっていない人の感覚ってこんなもんなのかなぁ?」なんて思ったりしたのです。というのは、日本の部品メーカーがiPhoneはじめ、多くのスマホとかタブレット、PCの部品を作っている、というのは、昔から非常に良く知られた話だと言う以上に、日本以外の国からも部品なんて調達しているものなんですよね。で、iPhoneの場合はその多くが中国の工場で最終組み立てをする、というわけですね。最終の組み立ては非常に細かい作業があって、どうしても人間の手でやらなければならないので、人件費が安い中国のメーカーに頼んで作ることが多いんですよ。

つまり、iPhoneは規格と設計は米国でやるんだけれども、部品の調達はどこの国からもやる。日本はその一部に過ぎない、ってことです。また、日本で作られたものだけが品質が良い、ってこともありません。部品メーカーはかなり買い叩かれるので、利益率は非常に低い。某所である部品についてお聞きしたところでは、iPhoneなどの部品の利益率は数%くらい。で、iPhoneを売った利益の大きなところは、やはり製品を企画し設計したApple社が持っていくんですよ。

部品の調達だけじゃなく、表面の超硬ガラスの縁のところの丸い加工をする工作機械とかって、これがまた、精密さを要求される高価な工作機械で、これも日本製が主流。そのガラスは米国コーニング社の「ゴリラガラス」が使われている、ってのは有名な話。さらに、できあがった製品を箱詰めして出荷するまで置いておく倉庫はたいていはコンピュータ制御の「自動倉庫」なんだが、これも市場シェアの大きな部分を日本製品が占めているんだね。でも、製品の機能のコアとなるハードウエア、半導体は日本製ってことはもう今の時代はなくて、現在は台湾のTSMCとか韓国サムソンとかで作るわけです。こういう部品の調達とか製造とかって、政治はまず関係しない。あくまで、お金。安くて品質が求めているもの以上であれば、どこの国のどのメーカーの製品でもさっさと調達して中国に運んで、中国の工場で作るんですよ。こういうのを「国際サプライチェーン」と言って、今の製造業では当たり前のことなんだね。

韓国サムソンのPCも、シャープの買収で話題になった台湾が本社の鴻海精密工業の中国工場で作るわけです。実は製造業の世界では、鴻海とサムソンは競合しているライバルどうし、ってこともあるんだが、それぞれの事情が合えば、こうやって簡単に手をつなぐ。これは日本のメーカーでも同じなんだよね。ちなみに、鴻海の中国工場で働く人達は100万人以上いるらしい。鴻海は世界最大の製造業で、その一部ではiPhoneも作っているしね。国際サプライチェーンの中で製造業者が生き残る、ってのはすごく大変なんですよ。

だから、今の時代は「この製品はどこの国製」ってのは、ほとんど意味がない。「iPhoneの部品の重要なものは日本で作ってるんだって。日本の技術はすごいなー」というのは、まあ、素人ならそうやって喜んでいればいいんであって、実情は安くて品質がいいのであれば、日本の企業のものでなくてもどこでもいい、ってことです。それにスマホの製品としてのライフサイクルはせいぜい4年。4年持てばいいわけで、であれば、なにも最高品質のものでなくてもいいわけです。一定以上の品質で4年持てばいい。その中でできるだけ安いものをブランド・メーカーは探すわけです。

普通の消費者の素人はこういう製造業の裏側を知らないから、Appleというと米国製だと思ってるけど、あれは中国製がほとんどだし、サムソンのスマホもSONYのスマホも全部今は中国製です。iPhoneの製造ラインの隣で、Xperia作ってたりします。これは製造業であれば、なにもiPhoneではなくても、服とか食べ物とかでもみんなそうなんですよね。今さら、知らないにもほどがあるよなぁ、とこの記事を読んで思うのが、25年以上、製造業でITの仕事をしてきた僕なんかが言うことなんだけどね。