「キュレーション」は終わった

例のDeNAの騒ぎの炎上はまだまだ続いている。ネット上では主にネットメディア評論をしているような人たちには、「もうキュレーションは終わりだ」というように聞こえる声もチラホラ。要するに「キュレーション」という「なにごとかをしてやっているんだ」みたいな、上から目線も見えちゃうようなそういう姿勢そのものが、批判の対象になっているんだろうな、と、私は感じる。「批判」というよりも「おまえは何様のつもりか」という怒りにも聞こえる。批判であろうがなんであろうが、それが感情的な「怒り」を呼ぶものであれば、その対象はこの世から消えていくしかないだろう。そういう意味ではDeNAという会社はその最初の象徴に過ぎない。その証拠に、あちこちの「キュレーションメディア」と呼ばれるネット上のサイトもあちこちが見えなくなっていたり、記事がなくなっていたりする。要するに「旬」を過ぎたのだ。

キュレーションというのは「Curator(図書館長)」という言葉から、「キュレーション」と言う言葉になり、「ネットにある雑多な情報をまとめる」みたいな意味にされてきたものだが、日本語では「まとめサイト」なんて書かれることも多かった。しかし、いかにもまとめているようで、実はネットに転がっている情報の羅列とか(いや、羅列なら羅列と言ってくれればそれはそれで役に立つこともないではないが)、あるいは不正確な情報の寄せ集めだったり、その、なんというか、いい加減な記事が多いのは、なんだかなー、困ったもんだなー、という感じだった。

日本のネットにおける「キュレーション」の最盛期はおそらく「STAP細胞騒ぎ」のあたりだったんじゃないかと私は思っている。今から見れば、なんと専門家でもなんでもない人がああいう専門的なことをあーでもない、こーでもない、と「解説」していて、今見れば「馬鹿馬鹿しい陰謀論」もいっぱいあって、ぼくは辟易していたんだな。なにせ「STAP細胞はあるんですか?ないんですか?」「小保方さんは嘘つきなんですか?本当のことを言ってるんですか?」みたいな、単純な二元論ですべてを判断しようとする、その科学的でもなんでもない物事に対する姿勢で、なんでも一刀両断にして「すげーだろ」ってやってた本物のバカの多かったことが、とにかく日本の大衆のレベルを100mくらい下げたような、そんな感じがするんだよね。ちなみに、グランドキャニオンの標高差って800mくらいあるらしいんだけどね。

それはともかく、科学ですからね。今日正しいと思われていたことが、数十年先に「やっぱ間違いだったわ」なんて否定されるのは、当たり前にあるわけで、ましてや小保方さん一人でそれを研究していたわけでもないわけで、専門でもなんでもない人が、ブログなんかであーでもない、こーでもない、で辻褄が合わなくなる=理解できなくなると、わかりやすく見えるようにするために「陰謀論」やるわけでね。ちったぁ、研究、ってものをやってみなよ、って、ぼくみたいな研究者の端くれは言いたいわけなんだが、そういうことをまともにやろう、っていう「キュレーター」はどこにもいなかったしね。

要するにネット上のいい加減な情報をいい加減な知性(それを知性と言うのであれば、だが)でまとめて「売り物」にして稼ぐ、という、「6尺の大イタチ」みたいな商売が「キュレーション」だったわけでさ、そりゃ、遠からず終わるわなぁ、という感じだ。

もう一度言おう。DeNAという企業が終わったんじゃない。キューレーションが終わったんですね。

 


STAP細胞をめぐる2つの大きな誤解

P1150531なんというか、このBLOGでも多く取り上げているんだが、STAP細胞騒ぎはまだまだ続いているようだ。「お前も焚き付けてるじゃないか」と言われればそれまでですけれどね。ぼくは10年以上前になるけど、同じようなことをしていた国の研究所に勤務していたから、どうも気になる、ってこともあるんですよね。いや、だから気になる、とはっきり言ったほうがいいんだろうけれども。

しかし、このSTAP細胞騒ぎはいろいろとネット上の情報がいっぱいあるんだが、これらのどれを書いている人も、かなりの人がこの「業界」がどういうものであるかを知らない人が書いているんだよ。だから、ぼくが見ると、あまり信用できない。特に、以下の2つの点が大きく世間様の一般的な話と、実際とが乖離しているところだと思うんだよね。

  1. まず、STAP細胞をめぐる世間に流布している話で一番の「間違い」は、「あったかなかったか」っていうわかりやすい話ではない、ってことだね。今はまだはっきりと答えが出せないから研究しているわけですよ。当たり前でしょ?
  2. 二番目の間違いは「STAP細胞は細胞を若返らせるから、お肌にいいかもしれない」っていう話。ここには2つの間違いが隠れている。2-1:その一つは、「役に立つから研究している」わけじゃない、ってことです。つまり「研究」というのは、もともと「なにかの役に立つことがわかるから研究する」ものじゃない、ってことです。不思議でわからないものだから、研究しているわけです。繰り返すと「研究というのは人の役にたつためにやってるわけじゃない」のです。2-2:もう1つの間違いは、「STAP現象は生物の若返りの仕組み」だ、ということ。「STAP現象」というのは、弱い酸で細胞を刺激すると「細胞が若返る」のじゃなくて「初期化される」んだよね。赤ちゃんのはるか以前の受精した直後の状態になる。「幹細胞」と言われる状態になるんだな。英語だと、Stem Cell。だからお肌が若返るなんてレベルでは全くない。人間の形にすらならない状態まで戻っちゃう、ってことです。

ということで、現在「STAP細胞現象」について、世間の多くの人たちがえらく大きく誤解しているところは、こういうことなんだな。もちろん、「2-1」のところで書いている通りで、研究というのは実用的なものをやっているわけではなく、研究の過程で役に立つものもできるかもしれない、という、そんな感じなんだね。ちなみに、人の役に立つなど、なにかの役に立つのは「技術」というわけ。「研究」は、海のものとも山のものともわからん、というときにされるものだよ。でも、一般的にはそれはねぇ、分かる人は少ないでしょうね。だって、研究ってことがどういうものか、ってことがわかっていないからだね。世間の多くの人は研究者じゃないしね。そういう人が身近にいる人も少ないからね。

で、わかってない人が寄ってたかってあれこれ議論するわけだから、さらにわけがわからなくなって、最後には「陰謀論」でまとめるほかなにもできなくなってくるわけです。自分のバカは差し置いて、世間がおかしいのだ、というのはみんな陰謀論にならざるを得ないのね。



【#STAP細胞】小保方晴子さん記者会見の鳥瞰図

◆全体的に穏やかだった小保方晴子さんの記者会見。全記録は隠された

小保方晴子さんの記者会見が行われた4月9日。2時間36分にわたったそのライブを私は隅から隅まで見たが、既にこの2日後のこの時点で記者会見の様子を編集せずにフルで無料で見られるところはない。マスコミなどがそれぞれの思惑で適当に切り貼りしたものばかりだ。ゆえに、現場のできるだけの再現、ということがネット上ではできない。

◆記者会見の炎上失敗

私が会見の一部始終を見たところで一番目立ったのは、全体として穏やかな会見であったこと、「STAP細胞はあったのかなかったのか」という論点に、質問が集中していたこと。その他は一部のマスコミが騒いで「炎上させよう」として失敗したこと。それだけだ。小保方さんの回答中に大声を張り上げて、回答中の小保方さんの声を威圧的な言葉で遮り、質問の場なのに強硬な意見を叫ぼうとしていた某マスコミのマナーの悪さは特に目立った。が、それも一時のことで、それだけ「炎上」する内容ではなかった記者会見だったし、そういう意味では日本のマスコミが「売れる」ものにはできなかった、という感じだ。

◆マスコミ商売における「商品」の作り方

ただし、翌日になるとマスコミはこの記者会見をなんとか売らねばならぬ、という意気込みが伝わってきた。現場の記者は炎上に失敗して、メディアを売らなければならないデスクに怒られた、という感じかもしれない。そこで、BLOG有名人なども動員して「記者会見場は小保方さんの自腹で35万円」「なぜ最高の弁護士がついたのか」「泣いても化粧が崩れないようにマスカラはしていない」「事前の美容室でかなり作ってきた」などなど、本質とはまるで違うところをあげつらい、果ては「小保方晴子は悪意のある政治家」という物言いまで出てきた。

◆「女性のきめこまやかさ」も「政治」にされる

しかし、この年令の女性に限らず、多くの女性は、多くの人の前に出る、というだけで、美容院にも行く程度のことは当たり前の話だし、他に頼るお金を出してくれる機関もない、ということであれば、記者会見場だって自腹にせざるを得ないだろう。あくまでも私の想像だが、美容室に行けば、美容師さんは精一杯小保方さんのことを気遣うから「今日の会見、泣くかも知れませんね」「ええ」「じゃ、マスカラはやめておきますね」「お願いします」くらいの会話はあって当たり前だろう。ましてや一流どころのホテルの美容室のプロの美容師さんがそういうことを考えなかったとは思えない。

こういう揚げ足をとって「政治家」などと言うようでは、世の女性はみな政治家になってしまう。いや、ぼくも男だからそれに騙されなかったことが全くない、とは言い難いところではあるが。いや、それは別の話だな。

あのライブを最初から終わりまでなんの編集もなく見ていれば、それだけで真実の一端は見える。だから、ライブの映像は消されたのかもしれない、というと勘ぐりすぎなのかもしれないが。

◆「生贄」を作ることによって「組織」を守る

それにしても、小保方晴子さんをなんとか悪人に仕立て上げようとする、その報道やBLOG記事などの役者はもうだいたい決まっている、という感じもする。あえて名前はあげないが、それにしても「怨嗟」とか「こざかしい利益」が間にはいると、化粧一つでも話題にされ「政治家」「役者」というレッテルでなんとかしようとしている姿が痛々しく恥ずかしい。逆に言えば、そういうことさえも動員しなければならないほど「炎上ネタ」に困っている、とも言える。

論文発表までの手続きの話としても、そこに「不正」があったとしたら、そこには理研、ハーバード大学、そしておそらくその他の研究者や研究機関も絡んでいる話で、小保方さん一人の問題ではない。場合によったら「小保方さんが騙されていた」ということだって出てくる可能性もある。つまり、周辺の全部の研究機関を巻き込んで行く話になる。もともと、悪意などが入り込む余地がほとんどない、という論文の査読の過程があり、小保方さん一人ではない研究の過程に関わった世界中の多くの人たちがいる。この人達の責任をすべて小保方さんが一人で負う、ということはまずありえない。当然、理研そのものはその筆頭になるが、それだけのことだ。当然、マスコミは少なくともハーバードまで行ってくるべきだが、この時点ではそれをやった、というマスコミの話は聞かない。

◆50兆円を取り損ねる日本

日本の研究機関は「STAP細胞があったかなかったか」ということ、再生医療の推定将来市場50兆円がかかっていること、それは日本の将来にもかかっていること、という本質的な「大事」を自らの保身、組織の保身などの「小事」で、潰そうとしているように見える。しかもその生贄には小保方晴子さん「だけ」を指名していて他の研究者への「延焼」は防ぎたい、という意図も見える。結論ありきの日本という小さなコップの中での茶番である。

私は日本の国の政府をあまり信用していない、というところがないでもないが、それでも、彼女の「STAP細胞」研究のこの騒ぎによって毀損される国益の大きさを思わずにはいられない。日本政府の大きな赤字を含んだ国家予算92兆円の半分と言われる世界市場の争奪戦の中で、小保方晴子と日本の国、そして日本国民であるあなたと私は、この騒動の喧騒に紛れて、このまま一緒に沈んでいくのかもしれない。

【STAP細胞】小保方晴子さんの会見を見て

4月9日、STAP細胞の研究について、小保方晴子さんの大阪で行われた記者会見をネットの中継でライブで見た。

すぐに、藤沢さんという方のBLOGも拝見した。

STAP細胞の「ない」「ある」は。この時点で「こうだ」と決めつけるのではなく「結果を待つ」で良いと思う。というのは、このBLOGにも書かれている通り「実験には時間がかかる」ものだから。理研のこの前の発表でも、「これから1年かけて実験する」と言っている。また、このBLOGで書かれているものとは違うやりかた、あるいは違うなにかのファクターも実験に使われていたかもしれない。それがこのBLOG主の想像の外のものだったりはしないだろうか?

前にも書いたが、結果が「ある」「ない」のどちらでも良いのだ。間違いがあれば間違いがなぜ起きたのかを追求するのが「科学」だから。

このBLOGの問題は、現時点での「決めつけ」的な表現が果たしてその通りであるかどうか?ということ。かなり「初歩的間違い」について書かれているわけだが、そうであれば他の13人もいる、多くの同種の実験を限りなくしてきたであろうベテランの共同研究者として名を連ねている人だけではなく、実際に現場で研究をしてきた多くの研究員がなぜ気が付かなかったのか?ということも疑問になる。

まぁ、それが理研という場所、ハーバードという場所が「そういうところだった」のであれば、もっと大きな問題がそこにあった、ということでもあるだろう。

加えて、「バカンティ教授は医師だから遺伝子が専門外」と言っているが、これは関係ない。iPS細胞の山中教授だって元医師だ。こういう余計な情報を入れるところを見ると、このBLOGの書き手にもあまり信用が置けない、という感を強くする。

—-

とまぁ、ここまで書いてから筆者の藤沢さんという方がどういう方か、ということを調べてみたら詳細経歴は「不詳」という人なんですね。名前も本名であるかどうかはわからない。理数系ということで数字をこねくりまわしていた仕事をしている人らしい。バイオとはかなりかけ離れたところにいらっしゃるとしか見えないが、適当に説得力のある記事を書くのは得意みたいです。そうなると、小保方さんのように出自がはっきりしている人とはやはり違う言論のレベルなんだろうな、と思う他はありません。ネットにはこういう人が多いですけどね。自分の分野外のことに口を出すときは、私もすごく慎重です。「私の見るところでは」とか「現在私が持っている情報では」とかを必ずマクラにして書く。あるいは「間違っているかもしれないけど」と、担保を用意して一歩下がる。専門のことならともかく、専門外のことであれば、こういう言い方をするのは、専門外の人間としてマナーのうちですし、それが自分自身を守るものでもある。そういう配慮が必要なんですよね。

 

【50兆円の市場】数年後の「STAP細胞」を思い描け

なんか、香港の大学で追試に成功した(らしい)ことでSTAP細胞の話が国を超えて面白くなってきている。詰まるところ、STAP細胞の話は今日現在で完成度が30%くらいの研究で、それをこれから各国の研究機関や研究者が追試をはじめて、半年くらい先には70%くらいになって、だんだん固まっていく、というようなものなんじゃないかと思う。そして、小保方晴子さんは、その初期段階で先鞭をつけた研究者の一人、ということになるのかもしれない。そうでない場合も、おそらくあって当たり前とは思うが、ここまでの経緯を見ると、その可能性はより高くなった、と、私は見る。

【追試成功していないとの報道】上記のニュースに対し「追試は成功していない」との報道もあった。原典を見ると「4段階ある最初の段階が成功した」ということであって、問題はこの先の段階に行くかどうか、というのが現時点である、ということだ。つまり、「できた」とも言えるし「できなかった」とも言える。それが現状だ。しかし、マスコミ報道がそのどちらを取るか、という問題のような気がする。その判断に恣意的なものが紛れ込む可能性も高い、ということは言っておかなければならない。

だいたい、研究というものは個人の仕事ではない。多くの研究者が1つのことについて、世界中で、ああでもない、こうでもない、と言いながら実験を繰り返し、情報を交換しあって、やっとなんとかかたちになっていく、というものだ。個人プレーはかっこいいだろうし、「日本人がノーベル賞をとった」なんてのは、マスコミも扱いやすいだろうが、本当の研究の現場ってのは「個人プレー」ではない。かなり緩い人のつながりの中で「組織プレー」が行われるのが普通だ。言い換えれば、研究という仕事は一般に考えられているような「優れた個人が周辺の人たちをぶっちぎってやる」仕事ではない。

研究にはヒーローは本当はいない。だから、iPSの山中先生も、すごく控えめだし、慎重。自分は研究者の中で世間に対する顔であって、それ以上ではない、という立場をわかっているからだ。

特に分子生物学(遺伝子なんかを扱う学問はこう呼ばれる)は、その傾向が強い学問だが、実際に現場でそういう研究をしたことがないと、そういうことが全くわからない。わからないのに「コピペがどうした」みたいな、目に見えやすいところを、あれこれ言って、さもそれが「研究の厳密さ」と相容れないものであるかのように言って、結局は週刊誌的なシモネタまで落とし込み、あれやこれやと騒いで、本当の研究の邪魔をしている、という感じがする。

結果はどうか。このままだと、理研はおろか、日本の研究所も割を食うだろう。STAP細胞の研究は他の国の研究所にすべてさらわれて、日本にはなにも残らない、ということになるだろう。理研の幹部も、小保方さんのトカゲのシッポ切りに専念していないで、いったい大切なことはなんなのか?ということを、しっかりと発表すべきだった。

たとえば、1年後に本当にSTAP細胞が実現したら?そのときのことを考えてみよう。どうせ「小保方氏の論文のコピペは悪かったが研究は正しかった」とならないだろうか?そうなったとき、その研究の主体が理研から別の研究所に移ったら、理研としても、日本の国としても「元も子もない」ことになるだろう。

こうして見ると、STAP細胞のこの騒ぎは理研と日本の遺伝子研究を陥れるための「ブラフ」だったんじゃないか、と疑われることだってあるだろう。もしそうだったとしたら、誰がそれをやったのか?ということにもなる。輝かしい成果は妬みも生むだけではなく、それが大きなお金につながるものであれば、企業や国、大小の犯罪などもかかわってくる。STAP細胞の開発の研究成果がそれだけの大きさを持つものであることがかなりの確率で明白である以上、STAP細胞の特許を誰が持つか、ということは大きなお金も絡んでくるだろう。そのための思惑だってあちこちにあるはずだ。であれば、妨害工作だって、あってもおかしくはない。

実際、STAP細胞の研究、そしてiPS細胞の研究がこれだけ大きく取り上げられるのは、その世界での市場規模が、臓器移植だけ考えても50兆円というとんでもない大きさの市場になるからだ。簡単に言えば、この研究には国の行末がかかっており、国を超えた大きなお金がかかっている。誰がそのカネを手にするか、という研究成果の争奪戦でもあるのだ。

当然のことながら、日本以外の他のもっと予算のある研究所では「STAP」という名前を使わずに似たような研究もされている可能性が高い。STAP細胞の騒ぎのほとぼりが冷めた頃、その「違う名前の研究」が、表に出てくることだってあるかもしれない。もしそうなれば、現在世界で追試している「STAP細胞派」は一掃される可能性も否定できない。

もっと冷静になって、先を見て、研究も研究計画も、人事も動きたいものだ。鋭い感覚で「敵」を見据え、それとどうたたかっていくか、という戦略をしっかりとして、「コピペ」のブラフくらいで揺らぐような内容のものではない、という体制を作ることが本当は大切なのだ。

ネットでもそうだが、ある団体や個人を「叩く」ときは、その小さなミスをあげつらって、さも大きな問題であるかのように語り、その人の言っていることやその人のことを貶め、メインの言論の信頼を失わせる、という手法が取られることが非常に多い。STAP細胞の件も、そういうブラフに翻弄され、マスコミもそれに乗った、というところなんじゃないかと、私は思っている。

これは戦争だ。だから「敵は誰か」これが本当に大切なことだ

STAP細胞劇場のドロドロ

 

米国のNIH(National Institute of Health)は、日本円にして年間約3兆円の予算を持つ、米国の「バイオ研究の総元締め」。真偽のほどは私は確かめようもないが、これまでも、米国以外の重要で革新的な研究をしてきた研究者を潰してきた実績があって、そういうことをする「別部隊」がいる、という話も聞いた。

論文などでの引用とかパクリって、実は遺伝子の研究分野ではけっこう普通にある。おそらく、もっと精査すればいろいろ出てくるんじゃないかな?なにせそういう論文でも、本人が一人で勝手に出したわけじゃなくて、共同で執筆者がいて、今回のSTAP細胞論文は小保方さん以外にも13人の名前が載っている。しかも、指導者は当然いて、Nature誌へ送る以前にも、論文を精査していたはずだ。パクリがあったと言われた博士論文も一人で書いて一人で出すわけじゃなく、指導者がいて、その指導者の精査の元に出すはずだ。が、なんで今頃になってそれが問題とされるのか?

こういう分野の学術論文は、小説なんかの著作とは違って、同じ分野での流行の研究は世界のあちこちで同時にやるものだから、けっこう似たものがあるんですね。だから、論文の一部を流用しても全体として辻褄があってしまうし、また、そういう論文でも、なんとか通る。画像に関しても、大切なことは「画像を流用したか?」ではなく、その画像がその論文のなにを説明するのに使われ、その論文が言いたいことはなんなのか?、実験そのものがしっかりしたものか?ということなんですね。著作権は無いとは言わないが、少なくとも小説と同じように考えるのも、また違う。

また、世界のレベルで見れば、こういう「流行の分野」では、同じような研究を世界の多くのところで競争してやるわけなので、論文の部分のパクリも日常なら、研究成果のパクリも横行しているので、パクられないためにも、論文にも、実験の方法などを100%正確には、わざと書かない、ってこともけっこうある。

iPS細胞の山中教授のときも、最初の論文発表は2006年。でも、それまでも多くの問題が出ることを恐れて、他の分野からもあれこれ言われないように、脇を固めるのにかなりの時間と労力を使っている。ノーベル賞に至るまではそれからさらに数年かかっているし、論文発表も、こういった「周辺の諸事情」を慎重に考慮し、そこに特許を求めず、「公開する」というやりかたをして、特許の取り方も工夫している。

特にバイオ分野は米国の知財で固められている分野だから、そこに風穴を開けるような研究はいちゃもんをつけられて潰しにかかるやつも多いはずだ。

「リケジョ」「割烹着」などの「意外な」キーワードで彩られた「ストーリー」ばかりが先行するような報道は、どう差し引いてみても、それを報道する報道機関の理系の知識の無さから来る、間に合わせ的な報道以外の何者でもない、と私は思うが、この発表によって、日本の某社の株価がバカ高になり、そこで利益を得た人間も多かったはずだ、などということもあったとかなかったとか。

つまり、「STAP細胞劇場」は、「某国のSTAP細胞潰し・あるいは横取り」という動きと、「日本の某社の株をめぐる動き」、そして、それに呼応した「報道機関の報道」が三つどもえになった、結局は巨額のカネや利権をめぐるドタバタではないのかね?という感じがする。

いずれにしても割烹着を着たうら若き女性研究者だけではなく、ほかにも名だたるこれだけ多くの共同研究者がいて、彼女の業績だけをターゲットにあれこれ言われるのもおかしいし、彼女以外の研究者全員が「嘘つき」というのは、まず考えられない。中には自分の実名で、「STAP細胞研究は問題ない」と言う人もいるわけで、さらにおかしい、という感じがする。

陰謀論ってのは好きではないが、あまりに「不整合」なことが多すぎ、結果として「疑惑」も多すぎる。このドロドロ劇の最終章は彼女一人に責任を負わせて終わりにするのかもしれないが、それだけでは済まない「闇」が、もう、ちらちらと見えている。

可哀想なのは、このドロドロ劇の真ん中でいいように持ち上げられ、いいように突き落とされ、ゆらゆらと激流の中を木の葉のように漂う「彼女」ではないか。