Windows10 Creators Update は嬉しくない

YOKOHAMA

Windows10の場合、WindowsUpdateで全くPCが使えない状況が1時間とか続くんですよね。これ、なんとかならないものか。仕事は滞るし、会議中にされた日にゃなにもできないし、客先の会議が終わって席に帰ろうとしてPCを閉じようとすると、Updateの再起動とかって、ありえない。ここ数年で、悲しいことに、Microsoftへの自分的な好感度はかなり下がった。加えて、今日月曜日は月末だ。これでPCが使えなくなったらどうするんだ、という不安もあるだけじゃなく、Updateの時間中はPCが使えない。一瞬でも速く仕事を終わらせたい、というこの月末である。Microsoftに仕事を邪魔された、という感じを持つ人は多いだろう。

私の場合は、仕方なく、UbuntuのSSDとWindows10のSSDを、とっかえひっかえ使っている。デスクトップもそうしていたのだが、最近はUbuntu/Linuxばかり起動することが多くなった。

1990年代であれば、PCは珍しいもので、使うこと自身が楽しい時代だった。Windowsを使いこなすことが誇らしい、みたいなところもあった。この時代のWindows の Updateはインターネットも全員が使っているわけではなくて、当然少なかったから、「最新版になるんだ!」というワクワク感がなににも勝った。

しかし、今は全ての人がPCを使う時代だ。OSは当たり前の仕事のプラットフォームであって、それ以外ではない。止まらず、安全に、素早く動いてくれれば、それでいい。新しい機能があっても、それははほとんど使わない。そんなことはどうでもいいのだ。趣味ではなく、仕事で使っているからだ。

Microsoftもまた、時代を読み違えているような、そういうことがあるんじゃないだろうか?今はPCは文房具であり、必需品であり、途切れなく安定して動くことが一番の価値である。新しい機能はすでにOSの価値ではない。